ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名盤再現プレミアムコンサート記念すべき第一回目は荒井由実の1stアルバム『ひこうき雲』

アルバムコンセプトライブ『PERFECT ONE presents 「SONGS&FRIENDS」』が、3月17日(土)に武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ(東京都調布市)にて開催されることが決定した。
『SONGS&FRIENDS』出演者 (okmusic UP's)

本イベントは音楽プロデューサー・武部聡志が選ぶ「100年後も聴き続けてほしい名アルバム」を、その音楽のDNAを受け継ぐアーティストが1曲目から全て再現する一夜限りのコンサートとなっており、記念すべき第一回目に荒井由実の1stアルバム「ひこうき雲」がセレクトされた。

1973年11月20日の発売から45年の時を経て、ユーミンの音楽の遺伝子を受け継ぐ様々なアーティストがパフォーマンスを繰り広げ、さらに荒井由実はじめ、当時のレコーディングメンバーであり今や日本ポップス界のレジェンドとなったティン・パン・アレー(細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆)による演奏も予定されている。

松任谷正隆による総合演出の元、名盤「ひこうき雲」がコンサートとなって蘇る、往年のファンはもちろん若い音楽ファンにも見逃せない一夜になること請け合いだ。
【武部聡志コメント】

日本のポップスの歴史を今一度見つめ直し、僕が橋渡しの役割を担って次の世代にきちんとバトンを渡していきたい、これが今回の『SONGS&FRIENDS』のきっかけでもあり、一番の趣旨です。

ユーミンの『ひこうき雲』という作品は、アルバムという世界観をきちんと提示したという意味で、それまでのシングル中心の日本の音楽とはまったく違う文脈でできたものであり、その後の日本のポップスを決定付けたものだと思います。

もしこの作品がなければ、僕は編曲家を目指さなかったでしょう。日本のポップス史においても、そして僕個人にとっても大切な作品である『ひこうき雲』の魅力をオリジナル・アーティストが再現するだけでなく、影響を受けたアーティストや、さらにそのアーティストから影響を受けた若いアーティストまで、幅広い世代のミュージシャンが自分なりの解釈で表現する、

そんな音楽によるコミュニケーションを目の当たりにできるものを目指したいと思います。
『PERFECT ONE presents 「SONGS&FRIENDS」』

3月17日(土) 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ(東京・調布市)

開場:16時 / 開演:17時

<出演>

久保田利伸、JUJU、原田知世、横山剣(クレイジーケンバンド)他後日追加発表 ※五十音順

荒井由実、ティン・パン・アレー(細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆)

総合演出: 松任谷正隆

プロデュース: 武部聡志

<チケット>

S席 13,000円、A席 7,560円(全席指定・税込)

※WOWOW WEB会員に限り、1月10日(水)18:00よりチケット先行予約受付スタート!

※WEB会員IDをお持ちの方のみお申込みが可能です(登録無料)。

■公式HP

http://www.wowow.co.jp/music/songsfriends/
アルバム『ひこうき雲』
発売中

<収録曲>

1.ひこうき雲

2.曇り空

3.恋のスーパー・パラシューター

4.空と海の輝きに向けて

5.きっと言える

6.ベルベット・イースター

7.紙ヒコーキ

8.雨の街を

9.返事はいらない

10.そのまま
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy