ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

占星術研究家・鏡リュウジ「2018年1番良いのは○○座」

占星術研究家・鏡リュウジ「2018年1番良いのは○○座」
J-WAVEで放送中の番組「RINREI CLASSY LIVING」(ナビゲーター:村治佳織)。1月6日(土)のオンエアでは、占星術研究家・鏡リュウジさんをゲストにお迎えしました。

はじめに、鏡さんがおこなう占星術の特徴について伺いました。

「今は僕のようなスタイルの人がかなり増えてきたんですけど、僕の時代には少なくて。それまでの占いって『良い・悪い』を言ってた。『運気が良い・悪い』とか、『結婚できますか? できませんか?』とか。そういうのって若い頃からイマイチだなって思っていて…。その頃、イギリスの心理学的な占星術に出会いました」(鏡さん、以下同)

鏡さんは、「自分のことを別の視点で見るためのツールとして占いや占星術を使いませんか?」という、イギリスの占星術が面白いと感じたため、日本で紹介するようになったそうです。

イギリスの占星術は、19世紀末に生まれ、1970年〜80年代に現在の心理学的な占星術になったのだとか。

「例えば、今までの伝統的な占いだと『あなた、結婚運が悪いですよ』という風に言ってたんですよね。それは『悪い星が結婚の位置にあるから』と説明してたんです。これを心理学的に読み変えると、『今まで悪い星と言われていたものって、ひょっとしたら、あなた自身の影かもしれません。つまり自分の受け入れ難い面を相手に見てるんじゃないですか?』と考えて『自分が受け入れられないと、相手となかなかうまくいかない』というように、視点を変えていくことなんです」

続いて、鏡さんに「2018年の運勢」について伺いました。

「今、幸運の木星がさそり座に入っているんですよね。だから、1番良いと言われているのが、さそり座です。そして、さそり座と同じ水のグループである、かに座、うお座の人にもスポットが当たると言われています。この水のグループは『感情タイプ』と言われていて、情緒的で人の気持ちに共感しやすい星座なんです」

そのため、水のグループの星座以外の人も、人の気持ちに敏感になり、「あの人、どんな気持ちなんだろうか?」と、相手の立場で考えたり共感することによって、みんながハッピーになれるそうです。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RINREI CLASSY LIVING」
放送日時:毎週土曜 20時−20時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/classyliving/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy