ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

湯木慧、1st配信シングル「チャイム / 嘘のあと」&過去音源の配信リリースが決定

湯木慧が2月22日に初の両A面デジタルシングル「チャイム/嘘のあと」をitunes限定でリリースする。力強く背中を押す言葉で綴られ、昨年5都市のワンマンツアー全会場で披露された「チャイム」、本人出演も果たした舞台『人生の最後はきっといつも最悪。』のために書き下ろされた主題歌「嘘のあと」の全2曲を収録。
湯木慧 (okmusic UP's)

なお、併せてミニアルバム『音色パレットとうたことば』『決めるのは”今の僕”生きるのは”明後日の僕ら”』も同日にデジタルリリースされる。

また、過去最大規模となるワンマンライヴ『水中花』で用意された、水に浮いた“音の鳴らない鐘(チャイム)”がはいった“小瓶チケット”も、湯木自らが楽曲「チャイム」にちなんで発案したもの。予想を上回る反響で“小瓶チケット”の予定数はソールドアウトとなっており、1月12日発売開始となる一般発売チケットもあとわずかとのこと。ぜひ早めにチェックしよう。
【湯木慧 コメント】

夕暮れのチャイム、学校のチャイム、赤ちゃんの泣き声、人それぞれのその時その時のチャイムがあって過去色々なチャイムが自分の世界には鳴り響いていて。

不安や期待やワクワク、いろんな感情を持って、新しいステージに踏み出す人に向けて「あなたにはわたしには新しいチャイムが鳴り響いいてる」というメッセージと共に、背中を押せたら…。という曲です。

「どこまでも遠くへ。強く、自由になれ」
配信シングル「チャイム/嘘のあと」
2018年2月22日配信スタート

¥450+税

※iTunes限定

<収録曲>

1.チャイム

2.嘘のあと

『湯木慧ワンマンライブ 「水中花」』
3月23日 (金) 東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE

open 19:00 / start 19:30

出演:湯木慧(スペシャルバンドセット)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy