ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

16歳の女子高生SSW 坂口有望、1stアルバム『blue signs』リリース決定

16歳の女子高生SSW 坂口有望、1stアルバム『blue signs』リリース決定

 坂口有望が、2月7日に配信シングル『お別れをする時は』を、そして3月21日には初のフルアルバム『blue signs』をリリースする。

 2017年7月にシングル『好-じょし-』でメジャーデビューした 坂口有望(さかぐちあみ)。16歳の女子高生シンガーソングライターならではの歌詞や世界観、表現力豊かな歌声が同世代の女性を中心に虜にし、「好-じょし-」MVはYouTubeにて210万再生を突破。2017年12月には2ndシングル『空っぽの空が僕はきらいだ』を発売し、多くのパワープレイを獲得。そのシングルを引っ提げた弾き語りワンマンツアー【ひとりディッセンバー】は全公演が発売と同時にソールドアウトしてしまった。

 今回リリースとなる配信シングル『お別れをする時は』はズバリ“卒業ソング”。親しみやすいメロディーに坂口有望らしい力強いメッセージをのせたこの曲は新たな“卒業ソング”代表曲となるだろう。

 そして自身初となる1stフルアルバム『blue signs』。インディーズ時代の名曲「おはなし」「地球-まる-」「厚底」「15歳の詩」、メジャーでのリリース曲「好-じょし-」「紺色の主張」「空っぽの空が僕はきらいだ」「ばかやろう」、前述の最新配信シングル曲「お別れをする時は」、さらに未発表曲「さよならロマン」「月には内緒で」「革命を」、リリース当時は弾き語りだった人気曲にアルバムバージョンアレンジを施し、イチからレコーディングし直した全くの新録曲「14才の唄-Album Ver.-」「16さいのうた-Album Ver.-」という珠玉の14曲を収録。現在16歳、現役女子高生の坂口有望の、いわば“青の時代”をすべて詰め込んだベスト的内容の1stフルアルバムとなっている。

 初回生産限定盤にはこれまでのミュージックビデオや撮影時の秘蔵映像を収録した特典DVDが、そして坂口有望の様々な写真で構成された別冊32Pフォトブックレットも付属。さらに、通常盤・初回生産限定盤ともにプレイパス対応なので、スマホにてアルバム収録の音源や特典DVD映像を試聴可能となっている。

◎リリース情報
配信限定シングル『お別れをする時は』
2018年2月7日(水)リリース ※主要音楽配信サイトにて

アルバム『blue signs』
2018/3/21 RELEASE
<通常盤(CD)> ESCL-5036 3,000円(tax in.)
<初回生産限定盤(CD+DVD)> ESCL-5034~35 4,000円(tax in.)

◎2018年ツアー情報
【坂口有望 live tour「blue signs」】
2018年4月22日(日)札幌 musica hall cafe
2018年5月05日(土)渋谷 WWW
2018年5月06日(日)福岡 LIV LABO
2018年5月12日(土)梅田 Shangri-La
2018年5月13日(日)京都 VOX hall
2018年5月20日(日)名古屋 APOLLO BASE
2018年5月27日(日)仙台 SENDAI KOFFEE
http://www.sakaguchiami.com/

関連記事リンク(外部サイト)

16歳の女子高生SSW 坂口有望、手焼き/手売りしていた「ガタゴト」弾き語り新録ティザー公開
16歳の女子高生SSW 坂口有望、NEWシングル『空っぽの空が僕はきらいだ』アートワーク公開
16歳の女子高生SSW 坂口有望 新作より「ばかやろう」ティザー映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。