ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みっつの味を楽しめる「千日前やきそば」

1月5日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時49分~)では、焼きそばの達人がオススメする焼きそばの名店を特集した中で、「千日前やきそば」(東京都港区)が紹介された。

同店は六本木の路地裏に店を構えるやきそばの専門店。オススメしてくれた達人いわく「コース料理のような」やきそばが味わえるという。

さっそくカウンターについた日比麻音子さんの前に出されたのは、やきそばではなく殻をかぶった生玉子。これを溶いて待てというから日比麻音子さんも疑問顔。「焼かなくていいんですか?」と尋ねると、店員いわく「生玉子につけてすき焼きのように召し上がって下さい」とのこと。

色の濃いオレンジエッグを溶いて待つところへ満を持して現れたのは、2種類のソースと10種類のスパイスを使うという「千日前やきそば」(850円)。まずは玉子を使わず、そのまま味わった日比麻音子さんは「ソースの香りが、ガツン!と来ますよ」とコメント。つづいて店員の言葉に従い、麺を生玉子にくぐらせ、しっかりと絡めてからすすりこむと「んん~!」と表情を変え「濃厚なソースが生玉子によって、よりマイルドになりますよ! 驚きのコラボレーションです!」とコメントした。

一風変わったやきそばを堪能する日比麻音子さんだったが、ここで「やきそばの具材を残して下さいね」と店員からストップ。不思議な注文にやはり疑問顔で従う日比麻音子さんに渡されたれたのは、なんと白いご飯。
残した具材と生玉子をあわせてご飯に載せ、そこに特製ダシをかけると、完成するのは特製のおじやだ。
日比麻音子さんも「ソースと玉子がよりマイルドになって、さっぱりいただけます。まさにシメのおじや!」と満面の笑みを浮かべ、「満足度、満点です!」と大きくうなずいた。

やきそばそのまま、玉子でマイルドに、さらにおじやでシメる。まさにコース料理のように違った味わいを楽しめるこのメニュー、おじやを追加したセットは「千日前やきそばおじやセット」(1,000円)となっている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:千日前 やきそば (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:六本木のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:六本木×居酒屋のお店一覧
韓国料理とメキシコ料理を合体させた「ヨプのファヒータ」
高カカオチョコレートを使用したもつ鍋

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy