ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

重い腰を上げるための『旅行を楽しくするヒント』

重い腰を上げるための『旅行を楽しくするヒント』 重い腰を上げるための『旅行を楽しくするヒント』

こんにちは、大の旅行好きの桐谷ヨウです。

じゃらん編集部より「旅をテーマに好きに書いてね」とお声がけいただきまして、じゃらんに寄稿させていただくことになりました。

今回は「あなたの旅行を楽しくするヒント」を書けたらなーと思ってます。

観光がしたい? 旅がしたい?

旅行を楽しくするヒント

最初に言葉遊びをしちゃうけど、旅行の楽しみ方には2種類ある気がするんだよね。

「観光(ツアー)」寄りの旅行と、「旅(ジャーニー)」寄りの旅行、です。

俺の考えでは、前者はご当地の観光パッケージを楽しませてもらうイメージです。観光名所を巡ったり、リゾートホテルでまったり過ごしたり、パック旅行の提案やガイドブックに掲載されている目ぼしいものを体験しに行くような。

後者はもう少しノープランで旅行先の偶然に身をゆだねるイメージ。現地でたまたま見たもの、たまたま知り合った人に聞いた情報をきっかけに動いたり、偶発的な出会いを体験したりするような。

旅行慣れしている人は前者をバカにしがちな傾向があるけど、俺はそれがあまり好きじゃない。

最初に訪れる場所ってやっばり王道を知ることが大事。それがご当地の魅力を知るきっかけに最適だと思うから。名古屋だったら飽きるまで味噌カツ風味を味わうべきだし、福岡だったら夜の屋台で飲み食いするべきだし、台湾は九份を見ておくべきだし、沖縄はなんだかんだ美ら海水族館に行っておくべきじゃん!っていう(王道にも多少の個人差があるのはわかってます)。

そのかわり、後者の要素である「偶然の要素が入りこむスキマ」みたいなのが、ちゃんと旅程(プラン)に組みこまれているかな?というのが大事なことのように思います。

「旅ガール」的な人の魅力って、ジャーニー感が溢れてたりするじゃん。

ポイント1

旅行は「ロケ」「宿」「メシ」で決まる!

旅行を楽しくするヒント

それでは旅行の支度をしましょう。いやいや、荷物のパッキングじゃないからね!

最初にやるべきことは「やりたいことを決める」です。

旅行って行くまでがめちゃくちゃダルいじゃないですか。なんとなく「旅行に行きたいなー」と思うのに、気づいたら地球の重力に負けて、1年くらい行けてないことってザラじゃないですか?

それって「旅行の準備」がめーっちゃダルいからです。目ぼしいスポットのリサーチをしたり、どこに行くかを判断して決断したりすることに、めーっちゃエネルギーを使うからですよね。行ってしまえば最高な体験が待ってるのは、もう知っているはずなのに……。

ということで、最初の準備の軸は、「ロケ」「宿」「メシ」のネタ収集です。

当たり前すぎることなんだけど、旅行ってどんな場所で過ごしたいか? を体験しに行くことなわけで。あとは素敵な泊まる場所と美味しいご飯を確保しておくこと。逆に言えば、事前に出来ることってそれくらいしかないというか。

あなたが好きな人と一緒に行きたいのはどこか? という視点でロケ・宿・メシのキーワードを探してみると分かりやすいです。あの人に見てもらいたい、あの人が喜んでくれそう、ああー!てか一緒に行こうよ! って思えるものを。

ポイント2

信用している情報発信者のオススメをまずは見てみましょう。感性が信用できる人の情報は、かぎりなくオーダーメイドに近いあなた好みの情報です。そしてツアーやガイドブックで推されている「まずはここでキマリ」を確認します。次に「定番スポットではないが、自分の興味にハマる」ものをスキャンするようにチラ見していきます。疲れるのでじっくり読み込まないこと。

ポイント3

これでキーワードとしてのネタ収集は完了です。そしてここで重要なことはテキスト情報ではありません。あなたの妄想力です。そこでワクワクしながら何をしたいか?を想像することです。すでに脳内は現地に行っているレベルで妄想しちゃってください。

そう、旅行好きという人種は例外なく、この妄想スイッチがいともたやすく入るようになってしまった現実逃避スキルが高い人たちなのです。準備のめんどくささを妄想力で越えることが出来るようになってしまった(ある意味残念な)人たちと言えます。

ビギナーにオススメなのはこちら。キーワードはすでに拾えているはずなので、妄想の補完ツールとしてInstagramのハッシュタグ検索やflickrの検索で、ロケハンをしちゃってください。数多くアップされている現地の写真は、想像の輪郭をよりシャープにしてくれます。

ポイント4

時間と予算のパズルをクリアしよう!

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。