ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『X-ファイル』のシーズン11がスタート、ジリアン・アンダーソンはこれが最後と語る

X Files

初回の放映から25年を経て、TVドラマ『X-ファイル』のシーズン11がスタートした。今回のシリーズは、10話から構成される。

しかし、シリーズの将来は不透明だ。なぜなら、俳優のジリアン・アンダーソンが本シーズンが最後になるだろうと述べた一方で、制作者のクリス・カーターは今週、彼女無しには続けられないと発言したからだ。

コライダーによるインタビューの中で、カーターはアンダーソンが演じてきたダナ・スカリーについて「私にとって、『X-ファイル』はモルダーとスカリーです。作品にスカリーがいなければできない。少なくともそれは、私の『X-ファイル』ではありません」と述べた。

1993年から2002年まで放映されたこの人気SFドラマは、2016年に6つのエピソードで回帰し、FOXで高い視聴率を獲得した後、シーズン11として戻ってきた。

カーターは「私はいつもこれが最後かもしれないと考えてきました。未来がどうなるかは誰にもわかりません。常にベストを尽くそうとしているし、前回のシーズンでも良い仕事ができました。今回の評価は、まだわかりませんが」と述べ、「私自身はいつまでも『X-ファイル』を続けられます。問題は、モルダーとスカリー。デヴィッド(ドゥカヴニー)とジリアン(アンダーソン)が、この作品を続けたいかどうかです」と語った。

アンダーソンは12月のTVインサイダーによるインタビューの中で、今後、「X-ファイル」のいかなるシーズンにも出演するつもりはないと語った。

彼女は「私は昔から、これが最後だと言ってきました」と述べ、「私の発言に人々がショックを受けたことに少し驚いています。私の理解では、これは単発のシーズンでしたから」と語った。

シーズン11は、FOXにて1月3日夜8時(現地時間)に第1話が放映された。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy