ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

景品タイプで違っているクレーンゲームの攻略法

景品タイプで違っているクレーンゲームの攻略法

クレーンゲーム機にはいくつかの景品タイプがあります。最近多いパターンでは、景品にフックが付いた「フック型」、2本の平行したポールが景品を支える「ポール型」、D型リングを1本のポールが支える「Dリング型」です。景品タイプで違っているクレーンゲームの攻略法を紹介しましょう。

クレーンゲーム攻略は見極めから

「フック型」は景品にフックが付いており、それをツメで引っ掛けて落とすタイプ。このタイプは、まず最低限の金額でアームの開く範囲・クレーンの降下範囲を見極めることからクレーンゲーム攻略法スタートです。

アームはフックと景品の付け根を狙い、交互に少しずつ左右に移動させます。景品が3分の1ほど板からハミ出たら、クレーンで景品を押して落とすのです。

「ポール型」は2本のポールが橋を渡すように設置されていて、景品をポールの間に落とすタイプ。このタイプは左右どちらかのアームを手前の橋と景品すれすれの位置に入れ、景品を斜めに傾けることが攻略法です。

景品の奥側が落ち、手前側がポールの上に乗り上げる状態にします。そして、手前のポール近辺をアームで均等に持ち上げ続けると景品が落ちるのです。

クレーンゲーム攻略は地道に揺らす

「Dリング型」はリングが棒にぶら下がっているタイプ。Dリングの板の左右部分にアームのツメを入れ、地道に揺らしていくのがクレーンゲーム攻略法です。アームの降下制限によって板までアームが届かない場合もありますが、制限が甘い機種だと板にアームが届きます。そういう機種を狙えば効率的に落とせるでしょう。

このほか、クレーンゲーム攻略法としては、ツメの形状もチェックします。ツメは通常120度位の角度がついていますが、店舗によってはこの角度をなくしてまっ平らにしていることも。角度がないと持ち上げる力が弱まるので避けましょう。

なお、各ゲームセンターではクレーンゲームのアームの強さや落としやすさを個別に設定しているので、絶対確実というわけではありません。どうしても落ちない場合は店員に相談してみるのも1つの攻略法。プライズが落ちやすいように調整してくれることもあるようです。

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
写真から位置情報や住所を手に入れる方法!!
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。