ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメ『宇宙よりも遠い場所』で注目・砕氷艦「しらせ」ってどんなフネ?

アニメ『宇宙よりも遠い場所』で注目・砕氷艦「しらせ」ってどんなフネ?

 2018年1月から始まったテレビアニメ『宇宙よりも遠い場所』。南極を目指す女子高生たちの物語ですが、その第1話に象徴的な存在として登場した砕氷艦「しらせ」。ニュースなどでもポピュラーな存在ですが、一体どういうフネなのでしょうか。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

■「砕氷艦」?「南極観測船」?

 劇中では「砕氷艦」として紹介されたしらせ。でもニュースなどでは「南極観測船しらせ」と紹介されています。一体どちらが正しいのでしょうか。結論から言うと「どちらも正しい」ということになります。しらせは防衛予算ではなく、文部科学省の予算で建造されたフネで、海上自衛隊に運用を委託する形になっています。文部科学省からすると南極観測のために建造した船なので「南極観測船」であり、運用する海上自衛隊からすると機能・目的とともに他の自衛艦と同じ取り扱いをするために「砕氷艦」という呼称を用いているという訳です。

■実は人名じゃない?「しらせ」

 「しらせ」の名称は、日本で初めての南極探検隊を率いた陸軍中尉、白瀬矗(しらせ・のぶ)の名前にちなんだもの、と一般には考えられていますが、実は違うのです。海上自衛隊では旧海軍からの伝統として、艦艇の名前に人名を用いないことになっており、砕氷艦については「名所旧跡のうち、主に山の名」という内部規定があります。海上自衛隊が運用した初の砕氷艦(初代南極観測船「宗谷」は、旧海軍の特務艦だった経歴はあるものの、南極観測船としては海上保安庁の所属)である「ふじ(AGB-5001)」(現在は名古屋港ガーデン埠頭に保存)は、この規定に従い、日本最高峰の富士山にちなんで命名されました。

 1982年に就役した初代しらせ(AGB-5002)の時は、建造当時に当時の文部省南極地域観測統合推進本部が一般公募し、6万2275通の応募の中から白瀬中尉にちなんだ名前として「しらせ」を採用。ここで海上自衛隊の命名規定と矛盾が生じたのです。しかしせっかく公募して決まった名前ですから、使わない訳にはいかない……海上自衛隊は一計を案じました。「南極には、白瀬中尉にちなんで命名された『白瀬氷河』がある!」そこで砕氷艦の名称に関する内部規定を「名所旧跡のうち、主に山と『氷河』の名」と改訂し、表向き「白瀬氷河」にちなんだもの、ということで「しらせ」と命名したのです。2009年に就役した現在の2代目しらせは、20年以上にわたって親しまれた「しらせ」の名称を受け継いで欲しいという要望が強かったため、同じ名前を受け継ぐことになりました。

 初代しらせは、現在民間気象情報会社の株式会社ウェザーニューズに移管され、千葉県の船橋港で「SHIRASE」として保存されています。

アニメ『宇宙よりも遠い場所』で注目・砕氷艦「しらせ」ってどんなフネ?船橋港で保存される初代しらせ(SHIRASE)
アニメ『宇宙よりも遠い場所』で注目・砕氷艦「しらせ」ってどんなフネ?船橋港で対面したSHIRASE(5002)としらせ(AGB-5003)

■ずんぐりした船体の秘密

 しらせの全長は138m・全幅は28mと、海上自衛隊の護衛艦(同規模の排水量のひゅうが型は全長197m・全幅33m)と較べると、ずんぐりとした形をしています。これは砕氷艦ならではの事情によるもの。砕氷艦は鋭い艦首で海氷を切り裂くように進むのではなく、喫水線上にせり出した艦首が海氷にのしかかり、艦全体の重みで上から押し割るような形で氷を砕き、進みます。のしかかった際に安定するよう、ずんぐりと丸い艦首、幅広い船体になっているのです。また、艦首の喫水線付近には、海氷の表面を溶かし、少しでも割りやすくするための散水ノズルが並んでいます。
アニメ『宇宙よりも遠い場所』で注目・砕氷艦「しらせ」ってどんなフネ?護衛艦と並ぶと幅広さが目立つ

■どんな人たちが動かしているの?

 しらせ(AGB-5003)は、海上自衛隊横須賀地方隊で運用しており、母港は神奈川県の海上自衛隊横須賀基地です。タイミングが良ければ、JR横須賀線の車窓からその姿を見ることができます。乗員はおよそ175名。艦長は代々1等海佐(旧海軍でいうところの大佐)が務めており、一般的な護衛艦の艦長が2等海佐ですから、排水量の大きさもあいまって、かなり重要な扱いとなっていることが判ります。このため、艦橋にある艦長席のカバーは、1等海佐を表す赤1色です(2等海佐は赤・青の2色)。毎年11月初めに東京・晴海埠頭を出発して南極に向かい、11月末にオーストラリア南西の港町フリーマントルに入港。ここで飛行機で移動してきた南極地域観測隊が乗り込み、12月下旬に昭和基地のある東オングル島沖合の定着氷に接岸(昭和基地内の貯油タンクへ燃料をパイプライン輸送するためのホースが届く、東オングル島沖合約1km以内の定着氷に到着すること。海氷が厚い時はそこまで到達できず、接岸できないこともある)します。昭和基地で1か月余りを過ごしたのち、2月中旬に日本に向けて出発。3月下旬にオーストラリアのシドニーに入港して南極地域観測隊員を降ろし、補給をして再び出発。4月上旬に東京・晴海埠頭に入港するのが南極航海の大まかなスケジュールです。

アニメ『宇宙よりも遠い場所』で注目・砕氷艦「しらせ」ってどんなフネ?航行中のしらせ艦橋
アニメ『宇宙よりも遠い場所』で注目・砕氷艦「しらせ」ってどんなフネ?艦長席に座るしらせ艦長

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy