体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『嫌われる勇気』著者が教える、「人生の悩み」との向き合い方

アルフレッド・アドラーの個人心理学を初心者にもわかりやすく紹介した書籍『嫌われる勇気』がロングセラーを続けている。2013年12月の発売以来売り上げを伸ばし続け、発行部数は168万部を突破。2014年~2017年の4年連続で年間ベストセラートップ3位入り(ビジネス書)を果たした。

アドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いにシンプルかつ具体的な“答え”を提示していることから、悩み多き若手ビジネスパーソンからの支持も高い。そこで、本書の著者であり哲学者の岸見一郎氏に、「我々は悩みとどう向き合うべきなのか」を伺うとともに、若手ビジネスパーソンが抱きがちな悩みに対する具体的なアドバイスをもらった。

f:id:itorikoitoriko:20180104135409j:plain

岸見一郎氏

哲学者、日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問

西洋古代哲学、特にプラトン哲学を専門とする。1989年からはアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動を積極化、精神科医院などで多くの若者のカウンセリングも行ってきた。訳書にアルフレッド・アドラーの『個人心理学講義』『人はなぜ神経症になるのか』、著書に『嫌われる勇気』 『幸せになる勇気』 (古賀史健氏との共著、ともにダイヤモンド社)、『アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ』(KKベストセラーズ)など。

「他者貢献」を目標にすれば、道に迷わない

仕事に、キャリアに、対人関係に…さまざまな悩みを抱えるビジネスパーソンは少なくありません。

人が悩みを持つのは当然のことです。例えば、この会社で働き続けていていいのか、この仕事は本当に自分に向いているのか、などの悩みは誰もが一度は抱きますが、何の疑問も持たずに働くよりもむしろ精神的には健全です。ただ、世間が悩みを持つことを良しとしないだけ。

会社を辞めたい、仕事を変えたいなどと周りに言ったら、「せっかく入った会社なのだからもう少し頑張りなさい」「仕事を変えたいだなんて我慢が足りない」などと言う人は多いものです。でも、自分の人生なのだから、自分が決めればいいのです。なぜなら、誰しも「働くために生きている」のではなく、「幸せに生きるために働いている」のだから。自分が「幸せではない」と感じるならば、無理にその会社に居続けなくてもいいし、その仕事をやり続けなくてもいいのです。

よく「仕事は何のためにするのでしょうか?」と聞かれますが、私は「他者貢献」であると答えています。「幸せ」とは人の役に立ったと感じること、すなわち「貢献感」から生まれるものだからです。自分のしている仕事が誰かの役に立ったと思えるとき、頑張ろうという意欲が湧きますし、幸せを覚えるようになるのです。

アドラーはこれを「導きの星」と表現しています。旅人が北極星を頼りに旅をするように、「他者に貢献する」という導きの星さえ見失わなければ、迷うことはありませんし、その限りでは何をしてもいい。「他者貢献を感じられる方向に向かって進めば、幸福がある」と考えればいいと思います。

どんな仕事であっても、必ず誰かの役に立っています。それに気づくことが大切です。

私の家の隣にはコンビニエンスストアがあり、執筆中に文房具を切らしたら夜中でも買いにいくことができます。朝まで待つ必要がない。とてもありがたいことです。

コンビニエンスストアの店員は、「朝まで待たなくていい」という便利さと時間を私に提供してくれています。本人がこの存在価値に気づければ、「単なるレジ担当」ではなくなり、働き方もモチベーションも変わるはず。もしも、仕事にやりがいを見いだせないならば、いろいろな角度から自分の仕事を見てみることをお勧めします。

人生とは、連続する刹那。いま、この瞬間を丁寧に生きればいい

f:id:itorikoitoriko:20180104135406j:plain

「自分には何が向いているのかわからない」「キャリアの目標が立てられない」などという悩みもよく聞かれますが、全く問題ありません。「計画的に人生を過ごす」ことは不可能なのですから。

人生とは、「連続する刹那」です。私たちは今、ここを生きることしかできず、未来はまだ何も決まっていません。「今日という日」を丁寧に生きていけば、この1日が「点」になり、この点をつないでいくことで「線」になる。まだ何も決まっていない未来を考え不安に思うのではなく、今日を精一杯、丁寧に生きることが何より大切。そうして毎日を丁寧に生きていれば、ある日ふと周りを見渡した時に「こんなところまで来ていたのか」と気づくものなのです。

そもそも自分のキャリアプラン、人生プランを明確に決めたからといって、その通りには行きません。綿密に計画を立ててみても、その通りに行かなかった場合、途端に目標を見失ってしまう恐れがあります。

以前、中学生が私に自分の人生設計をとうとうと語ったことがありました。中高一貫校に進学した彼が目指す大学は、東京大学法学部。国家公務員資格を取って外務省に入り、結婚は25歳、子どもは1人だとかわいそうだから2人はほしい…と言うのです。おそらく、大人に刷り込まれた「成功した人生を送るためのレール」なのでしょうが、どこかで計画外のことが起こったときの彼がどうなるか私は心配になりました。

彼のように、周りから刷り込まれた目標を「自分で考え、立てた目標」と勘違いしている人も多く見受けられます。例えば、「代々続く医者の家計だから、医者を目指す」「父も祖父も東大だったから、自分も東大に入る」など。しかし、自分で考えたうえで今を生きないと、後々やるべきことを見失います。

私の友人の医師は、3代続く開業医です。しかし、初めは法学部に進学しました。子どものころから後を継ぐことを期待されていたはずですが、いったんは医者の道に進むことを自らの意思で止めています。いったん道から逸れてみたからこそ、「やっぱり自分は医師になりたい」という思いに気づいた。だからこそ、彼は夜中の急患にもすぐに対応するような、患者に寄り添う医師になりました。もしも、周りに敷かれたレールに乗ったまま医者になっていたら、ここまで意欲が持てなかったかもしれません。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。