ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリスチャン・ベイル、『スター・ウォーズ』ハン・ソロ映画へのオファーがあった事を認める

クリスチャン・ベイル、『スター・ウォーズ』ハン・ソロ映画へのオファーがあった事を認める

『ダークナイト』3部作のバットマン役などで有名なクリスチャン・ベイルは、『スター・ウォーズ』ハン・ソロのスピンオフ映画『Solo: A Star Wars Story』(原題)(2018年全米公開予定)でウディ・ハレルソンが演じることとなったハン・ソロの師匠、ベケット役のオファーを受けていた事をポッドキャスト番組『the Happy Sad Confused』で認めた。

このオファーについて、ベイルがポッドキャストで話した内容は以下の通り。

「(出演の話は)すごく魅力的だったよ。子供の頃から大好きな作品だし、キャスリーン・ケネディとフランク・マーシャルとは『太陽の帝国』以来、長年にわたる、とても長い付き合いがある。確かに出演の話し合いをした。今後も話があることを願っている」

「『スター・ウォーズ』の大ファンだ。面白い作品だよ。ミレニアム・ファルコンは今でも大好きだ。AT-ATもね。僕の娘の初恋の相手はダース・ベイダーだった。ダース・モールにも憧れてた。ディズニーランドで娘がダース・ベイダーのそばに立ったら、彼がうなって、キャラクターになりきってくれた。すばらしいパフォーマンスだったけど、娘は小さかったから、『これは怖がらせちゃっただろうな、マズいな』と思った。だけど、娘は『パパ、恋しちゃった』って言ったんだ」

さすがスーパーヒーローの娘である。

また、ベイルは、バットマンにはそれほど関心がなかった事も打ち明けた。ベン・アフレック版のバットマンをまだ見ていないらしいが、DC映画に出演するアフレックに、一応「興味はある」そうだ。

クリスチャン・ベイルの新作『Hostiles』(原題)は、全米で絶賛公開中(日本での公開は未定)。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ハリー王子の婚約者メーガン・マークル、ボンドガールの最終候補だった事が判明
ギャラをもらい過ぎな俳優ランキング1位にマーク・ウォールバーグ
映画『トランスフォーマー』シリーズ初となるスピンオフ作品、『バンブルビー』の画像が公開!
『フラーハウス』に『フルハウス』のあの懐かしキャラが再登場しファン大興奮!
『ワイスピ』強し!2017年最も興行収入の高かった俳優が発表

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。