ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】B.A.P『HANDS UP』がシングル・セールス現在首位 乃木坂46/欅坂46の楽曲が未だに好調

【先ヨミ】B.A.P『HANDS UP』がシングル・セールス現在首位 乃木坂46/欅坂46の楽曲が未だに好調

 今週のCDシングル売上レポートから2018年1月1日~1月3日までの集計が明らかとなり、B.A.Pの『HANDS UP』が現在首位を走っている。

 『HANDS UP』は韓国男性グループ・B.A.Pの日本9枚目となるシングル。表題曲は韓国で2017年12月にリリースされた『EGO』に収録されている「HANDS UP」の日本語バージョンで、“ありのままの自分を探していこう”といメッセージが込められたエレクトロニックかつヒップホップなナンバーとなっている。本作は初動3日間で18,559枚を売り上げており、次週発表の週間結果では2万枚を突破する可能性も十分にある。

 続く2位には“3000年に一度の正統派アイドル”ことSAY-LAの2ndシングル『3000年に一度のハピネス』。本作は1stシングル『こじらせ片想い』からメンバーチェンジを経て1年ぶりにリリースされた作品で、現時点で1万枚を超えるセールスを記録している。

 そして、3位には4,031枚を売り上げた乃木坂46の『いつかできるから今日できる』、5位には3,118枚を売り上げた欅坂46の『風に吹かれても』がそれぞれチャート・イン。2作品とも10月にリリースされた作品にも関わらずコンスタントなセールスを積み上げていることに加え、2組とも2017年の年末に放送された大型特番に出演していたことなども要因の一つとして考えられる。

 また、4位に入っているのはHey! Say! JUMPの『White Love』。リリース3週目で3,753枚を売り上げており、発売以来の累計売上枚数は320,916枚となっている。

◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2018年1月1日~1月3日までの集計)
1位『HANDS UP』B.A.P 18,559枚
2位『3000年に一度のハピネス』SAY-LA 10,487枚
3位『いつかできるから今日できる』乃木坂46 4,031枚
4位『White Love』Hey! Say! JUMP 3,753枚
5位『風に吹かれても』欅坂46 3,118枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】NMB48『ワロタピーポー』が約30万枚を売り上げ年末商戦を制し、週間シングル・セールス首位
【ビルボード】HKT48『092』が122,560枚を売り上げ週間アルバム・セールス首位 安室奈美恵『Finally』180万枚突破
B.A.P、新曲「HONEYMOON」MVを日韓同時公開&イベント開催決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。