ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日々の幸せをコツコツ貯める「ハッピー貯金」で心をリッチに

日々の幸せをコツコツ貯める「ハッピー貯金」で心をリッチに

 日々起こる小さな幸せ。朝の空が美しい青空だったり、売り切れだと諦めていた本が行った先で偶然みつかり嬉しかったり、はたまた誰かとの時間がとても楽しいものだったり……。しばらくすれば忘れてしまうようなほんの些細な幸せだけれど、積み重ねれば大きな幸せとなる。それを具現化した「ハッピー貯金」というものが今ネット上で話題になっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 このハッピー貯金。ネット上では数年前から話題になることがしばしば。やり方や名称はいくつかあり、名称は今話題の「ハッピー貯金」の他に、「幸福貯金」「幸せ貯金」などがあります。似たものではキャロル・マックラウドさんの絵本『しあわせのバケツ』にちなんだ「しあわせのバケツ」も筆者個人は聞いたことがあります。

 いずれもやり方はほぼ同じくで、日々感じる「嬉しいこと」「楽しいこと」「幸せだと感じたこと」を大でも小でも気づいたときにメモをし残して、それを瓶や箱にいれて貯めていきます。そして、「年の最後に読み返して一年の幸せを振り返る」か「嫌なことがあったら取り出して読み返し」て幸せを再確認するというものです。

 今回話題の発端となった、Twitterユーザーのchoss.さんは前者の年に一度開封して楽しむ派だったようす。昨年末に開封する予定が、1月2日に開封することに。開けてみると貯まった一年分の幸せを振り返りつつ「あんなことあったなーこんなことあったなー」と楽しい気分になれたそうですよ。

あ!!!!!💥💥💥
ハッピー貯金開封の儀を年末するの忘れていた!!

説明しよう!
ハッピー貯金とは、嬉しいことや楽しいことがあったら紙に書いて瓶に入れておき、年末に開封して1年の喜びを思い出すという、ツイッターで見掛けたなんか素敵なやつなのだ!お金は貯めてないのだ!

いっぱいたまった! pic.twitter.com/kWpl04lKgG

— choss. (@choss_bun) 2018年1月2日

なかなかの高さだ! pic.twitter.com/9XpFV8rwML

— choss. (@choss_bun) 2018年1月2日

 このツイートは2万近くRTされており、「私もやってみる!」という人が続々。中には「続くかな……」という不安を感じる人もいるようですが、choss.さんによると「自分のよくいる場所の手に届くところに紙とペンと瓶を置いておくことと、まとめて一気に書いたり、書き忘れもあったりを「まあいいか」で片付けるのが続けるコツです」と続けるコツを教えてくれましたよ。

ハッピー貯金のツイート、たくさんの方に拾っていただけているようで驚いております!さっそく書いて瓶に入れます💪

やってみたいけど続くかな…って方は、自分も相当ズボラですがいけました!🙆
嬉しいことがあった時にだけ書けば良いですし、まとめて書いても良いですし、書き忘れも上等です💪🔥

— choss. (@choss_bun) 2018年1月4日

 筆者個人としては、choss.さんのようにメモするものを色紙にしてカラフルにするのもコツかもな?と感じました。貯まったとき視覚的にもなんだか楽しげですし。色紙もそうですが、カラフルなものが瓶や箱に詰まっていく様子って、子供の頃もそうでしたがなんとなく楽しさを増す気がするのです。

 なお、先に少し触れた「しあわせのバケツ」は、この幸せをまたまた年単位で貯めていく方法。絵本は「誰かを幸せにすると自分の心にある“しあわせのバケツ”がたまり、いじわるをすればバケツが空になる。親切にすればみんなが幸せになるよ。」というお話ですが、今回の場合は自分が感じた幸せを貯めていく方法に変わっています。しかし、幸せを貯めることで自分も人も幸せになれるという点は共通。ハッピー貯金箱からあふれ出した幸せを、年に一度移し替えていってもよさそうですね。

 どれも普段見落としがちな幸せを再確認する方法には違いないので、新年あけ今年は何かしてみたいな……という方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。今年の年末にはたくさんの幸せを感じられるかもしれませんよ。

<記事化協力>
choss.さん(@choss_bun)

(宮崎美和子)

関連記事リンク(外部サイト)

ご神木に硬貨をささないで!貴重な木に長生きしてもらう為みんなで守るべきこと
狙われる子供たち 警察庁がネット起因の児童被害例を紹介し喚起
書店の匠がつくりあげた材料費約1000円の『西郷どん』装飾がすごい!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy