ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。

使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。

ストーリーまで愛せるものって、気持ちがいい。

例えば、毎朝食べているHAPPY NUTS DAYのピーナッツバター。千葉県の落花生を使って、九十九里を盛り上げたい。こんなに美味しい落花生を、もっとたくさんの人に届けたい。そういう思いで、ひとつひとつ瓶詰めされたバターをパンに塗るときは、時間に余裕をもって、最後まで味わい尽くしたいと自然に思う。

使うものだって、長く、大切に使いたいと思えるものに変えるだけで、心のあり方は変化してゆく。

“廃棄食材”から、色を生みだす

使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。

FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。

エプロンやカバンの色をつくっているのは、通常は捨てられてしまう部分の野菜や、食材。食品メーカーからそれらを提供してもらって、国内外の特許を取得した、特別な技術で染料化しているのだそう。90%がこの染料で染められています。

天然素材でありながら、特許技術によって、色落ちがしにくいのも嬉しい。使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。

世界の3分の1が廃棄されているという問題に対し、異なる分野の企業が協力して、ひとつの商品をつくることでムーブメントを起こしています。

現在『農業女子プロジェクト』とコラボして、<着る野菜Tシャツ>のクラウドファンディングを実施中。コーヒーショップ「CAFÉ KITSUNÉ」と一緒に、エスプレッソの出し殻でトートバッグもつくっているとのこと。

愛用することで、喜んでくれる人がたくさんいる。そういうことが、とてもわかりやすい物づくりです。

年が明けて、新しいものを選ぶとき、『FOOD TEXTILE』の“心に良いもの”を選んでみるのはどうでしょう?使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。Licensed material used with permission by FOOD TEXTILE

関連記事リンク(外部サイト)

廃棄野菜のハッピーエンドをつくろう。
中国のレストランが「ピザ」で食品ロス問題に取り組んだ
ついに仏スーパー「食料品廃棄」を禁ずる法律がスタートした

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy