ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

書店の匠がつくりあげた材料費約1000円の『西郷どん』装飾がすごい!

書店の匠がつくりあげた材料費約1000円の『西郷どん』装飾がすごい!

 1月7日から放送される、2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん(せごどん)』。何だかんだ言いつつも結局日曜の夜は大河ドラマを見ないと落ち着かない人もいるかと思いますが、その西郷どんの銅像をリアルに再現した装飾が書店に現れ見た人を驚かせています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 福岡・佐賀で店舗展開をしている積文館書店のTwitterアカウント。書籍の紹介などを常々行っているアカウントですが、スタッフ自慢も行っています。

「うちの大野城店に、いろんな装飾コンクールで入賞している『匠』がおりまして。毎回ものすごいんですが、今回大河ドラマ『西郷どん』に向けて作ったものが、すご過ぎて思わず笑いが出るレベルなので、是非見て欲しい。」というツイートとともに紹介された写真には……西郷さん!たしかにこれは自慢したくなる!

今日はスタッフ自慢をしてもいいですか…?うちの大野城店に、いろんな装飾コンクールで入賞している「匠」がおりまして。毎回ものすごいんですが、今回大河ドラマ「#西郷どん」に向けて作ったものが、すご過ぎて思わず笑いが出るレベルなので、是非見て欲しい。#KADOKAWA pic.twitter.com/V9g8lUdt40

— 積文館書店のPOPの人 (@POP50803117) 2017年12月26日

 上野恩賜公園の西郷隆盛の銅像に似せたその装飾は、若干のポーズや表情の違いはあれど佇まいや雰囲気は西郷隆盛像の特長をよく捉えています。
上野の西郷さんは下から見上げた時のバランスを意識し顔のサイズがわざと大きくつくられていますが、それにあわせてかこちらもお顔はやや大きめとなっているようです。それにしてもよくできてる……と一瞬思ったのですが、『西郷どん』のパワープッシュソングとして『SEGODON』を提供した「レキシ」の方がもしかしたら顔は近い、かな??と思いました。


 この写真が公開されると見た人からは「すごい」の絶賛の声。本当によくできていると思います。装飾を制作したスタッフの方によると、製作期間は約2週間、材料は紙粘土、トイレットペーパー、ダンボール、ラッカースプレーなど。これまでにも様々な装飾を制作されているそうですが、費用は平均して1000円程度との事。お店にあるもの+1000円でこのクオリティはすごいですよね。間近でじっくり見て一緒に記念撮影もしたいかも。

 ちなみに、過去にはスターウォーズやゴジラ、真田丸などと言った作品も。どれも造形が細かく迫力を感じるものばかりです。



 こちらの西郷どんは、大河ドラマ放映期間に合わせ、約1年予定展示される予定だそうですのでお近くの人は足を運んでみて下さいね。

<記事化協力>
積文館書店のPOPの人(@POP50803117)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

飛んで火にいるナントヤラ?!特殊詐欺メール、愛知県警の警察官にも
「この列車は一部無軌道区間を通過します」プラレールのアイディア技がスゴい
圧倒的切り株……!猫マスター宅の猫部屋が愛あふれすぎてますます森化

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。