ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギャラをもらい過ぎな俳優ランキング1位にマーク・ウォールバーグ

ギャラをもらい過ぎな俳優ランキング1位にマーク・ウォールバーグ

ショービジネスほど素敵な商売はない 。働きに見合う以上の出演料を得られるかもしれないからだ。

厳しい言い方だったかもしれないが、数字は嘘をつかない。『フォーブス』誌が発表した、今年のギャラをもらいすぎている映画俳優のランキングには、1位のマーク・ウォールバーグを筆頭にハリウッドを代表する出演料の高い俳優たちが名を連ねている。

俳優であれば、一度や二度、失敗作への出演を経験する物だ。しかし、2017年は特に、いつもは出演作の興行的な成功に貢献しているハリウッド・スターたちにとっても厳しい年となったようだ。クリスチャン・ベールを例にとると、『THE PROMISE 君への誓い』(日本では2018年2月3日公開予定)は、推定製作費9000万ドル(約101億円)のうち、わずか11パーセントしか回収できなかった。ランクインした俳優たちの出演作の全てが『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』級の大コケをしている訳ではないが、『キャットウーマン』級のコケ方をしている事は確かだろう。

『フォーブス』誌による、2017年のギャラをもらい過ぎな俳優ランキングは以下の通り。
(※カッコ内は出演料1ドル当たりの利益)

1位 マーク・ウォールバーグ(4.40ドル)
2位 クリスチャン・ベール(6.70ドル)
3位 チャニング・テイタム(7.60ドル)
4位 デンゼル・ワシントン(10.40ドル)
5位 ブラッド・ピット(11.50ドル)

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

日本からもランクイン!インスタで最も投稿数の多かった、冬に人気の世界の旅行スポットランキング
映画『トランスフォーマー』シリーズ初となるスピンオフ作品、『バンブルビー』の画像が公開!
『フラーハウス』に『フルハウス』のあの懐かしキャラが再登場しファン大興奮!
『ワイスピ』強し!2017年最も興行収入の高かった俳優が発表
シルヴェスター・スタローン、『ロッキー3』に登場した自身の銅像を約4500万円で落札!?

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。