ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誰でも「未来のSNS」を感じることができるアプリが登場。

誰でも「未来のSNS」を感じることができるアプリが登場。

先日、「Google」や「アリババ」から巨額の出資を集めていたMagic Leap社がARグラスを発表して、注目を集めています。多くの人がしている、拡張現実を使ったプロダクトがスマホに取って代わるという予想も、現実になりそうです。

そこで、ARを使ってTwitterを見れるアプリがリリースされたので、未来を先取りしてみましょう。

現実世界に
ツイートが浮かび上がる

AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるようなヤツ。

アプリでは、タイムラインを見るだけでなく、つぶやいたり、リツイートをできたりと、Twitterと同じように使えるようです。ダウンロードは無料で、日本でも楽しめるとのこと。

………というワケで、実際にやってみました。誰でも「未来のSNS」を感じることができるアプリが登場。誰でも「未来のSNS」を感じることができるアプリが登場。

使ってみると、未来を感じることができます。Twitterとしても、機能はあまり問題なし。だけど、リンクが開けないというデメリットも。

開発者Oscar Falmerさんは、ARグラスが開発されたときの試作品アプリを想定して制作したのだとか。冒頭でも触れたし、他の記事でも紹介しているけど、すでにARグラスの開発は進んでいます。

このアプリにモーションセンサーさえ付いてくれれば、手の動きでタイムラインをスクロールすることも可能になるかもしれません。FacebookやInstagramも、同じようにして見れるのでしょう。

未来のSNSを先取りしてみたい方はコチラから。ただし、周囲には気をつけてくださいね。Licensed material used with permission by Oscar Falmer

関連記事リンク(外部サイト)

ARで自宅にアーティストを招く音楽アプリ。
今さら聞けない!話題の「AR・VR」ってどういう意味?
地図入り写真を作れるアプリ「WHERE」が登場。私、ここにいるよ!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy