ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカでキャンピングカーをレンタルするために必要なすべての情報まとめ(手続き・書類・確認事項)

こんにちは、#旅する編集部で1ヶ月間キャンピングカーでアメリカ横断していた阿部まなみ(@mnooooom)です。この旅で私たちは、アメリカと日本にて、キャンピングカーレンタル事業を運営する株式会社エルモンテRVジャパンから協賛をいただきました。

現地に着いたらどうやってお店までいくの?手続きは何があるの?など、不安なこともたくさん。そこで、空港出発〜レンタルまでの様子をまとめました。

なお、私たちのルートはロサンゼルスからニューヨーク。最初はロサンゼルス国際空港から始まります。

 

空港からシャトルバスでエルモンテへ

空港に着いたら、いよいよ出発!まずは、ロサンゼルス国際空港のターミナルからシャトルバスが出ているので、ヒルトンホテルへ向かいます。

エルモンテRV行きのシャトルバスがヒルトンホテルから出ているので、今度はそちらへ乗車。エルモンテRV⇔ヒルトンホテルのシャトルバスは9:30と12:30の、1日2本のみとなります。

なお、シャトルバスに間に合わない場合、電車にて「Norwalk」駅(終点)まで行き、そこからタクシー利用になるとのこと。

ヒルトンホテルに着いたら、中を通って外に出ましょう。しばらく待っていると、エルモンテRVと書かれたバスがやってきました!

荷物を預けて、いざ出発。この時は私たちのグループと、ご家族の2組が利用していました。

 

エルモンテに到着!

エルモンテRVには、キャンピングカーがずらりと並んでいます!貸し出し時間は午後1時~4時までの間(営業時間は5時まで)。オプション(125$)で朝8時以降いつでもピックアップすることも可能です。

到着したら、まずビデオを見ます。アメリカで運転するに当たっての注意事項、各設備の紹介などが収録されています。

日本語のビデオが用意されているので、英語に自信がない方でも安心です。

 

カウンターで手続きへ

①レンタル契約書にサイン
②スタッフと一緒に車のチェック
③社内設備の説明
④パーソナルキット、スーツケースを積み込む

ビデオが終わると、カウンターに案内されます。こちらでは必要な書類提出、記入などを行っていきます。ちなみに、レンタル時の手続きで必要となるのは下記の持ち物。
◆主たる契約者に必要な物
・パスポート、日本の免許証、国際免許証(またはDLT)、クレジットカード、バウチャー の5点。
※クレジットカードは利用枠として、1,000$のデポジットがあるものをご用意ください。
(セキュリティデポジットとして(免責1,000$)使用します。複数枚でも可)

 
◆追加で運転する方
・パスポート、日本の免許証、国際免許証(またはDLT)の3点

国際免許証の代わりとなるDLT(運転免許翻訳フォーム、Driver License Translate)は、エルモンテで発行(1枚1,000円)することができます。発行には日本の免許証のみあればOK(コピー、PDF、画像データでもOK)。こちらは、日本で準備しておきましょう。

こちらは、代表者が記入する用紙。

こちらの用紙は、運転する人全員が記入します。私たちは全員運転する予定だったので、全員こちらに記入しました。

合わせて、保険やオプションで借りるアイテムについても確認。ちなみに私たちは「炊飯器」を借りていったのですが、これが本当に役立ちました!毎日のようにご飯を炊いていたので、食事には困ることはありませんでした。

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカのモニュメントバレーで満天の星に囲まれて…流れ星に願いをかけてみた
アメリカ横断経験者3組による「アメリカ横断の費用」まとめ
セドナが“パワースポット”って本当?旅するメガネが体を張って検証してみた
アメリカ横断経験者3組による「アメリカ横断に使ったキャンピングカー」まとめ

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。