ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

人気温泉地「草津」で大人の冬デート♪進化する地元グルメに舌鼓【群馬】

湯の川が照らされるロマンチックな公園散策。

2017年3月に始まったライティングは雰囲気抜群。色とりどりに照らされる湯の川をベンチに腰掛けながら楽しめる。公園の奥には男女合わせて500平方メートルと、日本有数の広さを誇る西の河原露天風呂がある。

TEL/0279-88-0800(草津温泉観光協会)

住所/群馬県吾妻郡草津町草津

営業時間/日没~22時

アクセス/湯畑より徒歩10分 草津(くさつ)温泉

TEL/0279-88-0800(草津温泉観光協会)

主な泉質/酸性-硫酸塩・塩化物温泉

主な効能/神経痛、筋肉痛、関節痛など

「草津温泉」の詳細はこちら

若手料理人が手掛ける、地元食材を活かした草津グルメが進化中。

ジビエややまと豚…地元でも人気の洗練された料理。

温泉まんじゅうや蕎麦も美味しいけれど、最近話題の草津グルメは、地元野菜や群馬産の小麦、肉などを使った地産地消の料理。草津出身の若者が外に出て修業した後、地元に戻りこの地ならではの魅力を取り入れた料理人として活躍していることに注目だ。歴史ある温泉地ながら、相変わらず活気があり、進化を続けている背景には、そういった彼らの存在も一役買っているに違いない。

イタリアの各地で3年間修業した後、地元に戻って自分の店を持ったリストランテオーナー、東京で料理を学んだ後、草津で両親と共に経営する居酒屋のメニューを一新した2代目などが切磋琢磨して生みだす新・草津グルメ。ここでは地元の馴染み客はもちろん、わざわざ遠くから食べにくるリピーターも多い人気の2店舗を紹介。

リストランテ アル・ロドデンドロ

リストランテ アル・ロドデンドロこの日のランチは、「地元産野菜、イタリア産ハムなど山の幸の盛り合わせ」「地元産ニンジンのスープ」「鹿ラグーとトマト・天然キノコソースのスパゲティー」「3種から選べるデザート」、小菓子、飲み物付きで2600円リストランテ アル・ロドデンドロ自家製バジルのグリッシーニリストランテ アル・ロドデンドロ12席の落ち着いた店内には、イタリア修業時代の写真や絵が飾られる。両親が経営する「綿貫ペンション」内に併設リストランテ アル・ロドデンドロのシェフシェフの綿貫龍秀さん。仕込みから料理、接客まで基本一人で切り盛りする

地元野菜や鹿肉、猪肉などジビエを使った丁寧な料理。

イタリアで学んだ技術を活かし、2003年オープン。群馬県産の小麦粉を使ったパンや、群馬県産強力粉を手打ちしたパスタなど、地元素材をいかした季節毎のメニューを提供する。スモークサーモン、ベーコンなどもシェフの手作りだ。 リストランテ アル・ロドデンドロ

TEL/0279-88-6150

住所/群馬県吾妻郡草津町557-11

営業時間/11時30分~14時、18時~21時(コースのみ。完全予約制)

定休日/月曜日(祝日の場合は翌日)

料金/ランチ1650円~、ディナー3800円~

アクセス/草津バスターミナルより徒歩15分

「リストランテ アル・ロドデンドロ」の詳細はこちら

いざかや水穂

いざかや水穂おすすめメニューのひとつ、「やまと豚のリブロースグリル」。群馬産のやまと豚はきめが細かく柔らかで、脂肪に甘みがあるのが特徴いざかや水穂人気銘柄や入手困難な日本酒、焼酎も並ぶ。店内は座敷席もあり広々いざかや水穂群馬産小麦粉を使った手打ちうどん。ランチはうどんのみで営業

昼間は手打ちうどん専門店、夜は居酒屋として賑わう。

脂の乗った地元産のニジマス「ギンヒカリの刺身(1300円)」など、草津グルメを満喫できるのがここ。厨房に立つ2代目の吉田峻さんは、東京のイタリアンで修業を積んだ後、両親と共に店を切り盛りする。〆にはコシのある手打ちうどんを。 いざかや水穂(みずほ)

TEL/0279-88-3122

住所/群馬県吾妻郡草津町大字草津湯畑前101

営業時間/11時~15時(うどんのみ)、18時30分~23時(LO)

定休日/木曜日

料金/夜メニュー:かけうどん600円、やまと豚リブロースグリル1800円他

アクセス/湯畑すぐ

「いざかや水穂」の詳細はこちら

草津みやげの新定番を発見

KAJIYA

KAJIYA温泉街の中でひときわ目を引く、木目を生かした洒落た店構えKAJIYA湯めぐりにちょうどいい大きさのものは2000円前後とお手頃。見ているだけでワクワクする色遣いKAJIYA手編みなので、ひとつとして同じものはない

温泉めぐりにもぴったりな水濡れOKの手編みバッグ。

カラフルなプラスチックテープで編まれたバッグのほか、各国のユニークなバッグや雑貨をセレクト。軽くて丈夫、どこか和のニュアンスを感じるデザインは、湯めぐりなどのレジャー用に、インテリアとして雑誌や小物入れとしても重宝しそう。 KAJIYA(カジヤ)

TEL/0279-88-2069

住所/群馬県吾妻郡草津町草津385

営業時間/9時~18時

定休日/なし

アクセス/湯畑より徒歩3分

「KAJIYA」の詳細はこちら

※この記事は2017年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

絶景露天風呂や貸切風呂も♪日帰り温泉総まとめ【関西近郊・中国・四国】
【マジでおはらい行こう】厄年で大変な目にあった人たちのエピソード14連発
ド派手に盛り上がろう!12月31日開催!九州の注目カウントダウンイベント6選【2017-2018】

前のページ 1 2
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき