体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この茶会は、生涯でただ一度のもの。『茶ッカソン in Tokyo 2017』に行ってきた

この茶会は、生涯でただ一度のもの。『茶ッカソン in Tokyo 2017』に行ってきた

2017年はどんな年でしたか?
2018年はどんな年にしたいですか?
そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?

お茶を片手に、考える。
その名も「茶ッカソン」!?

11月29日(水)、12月16日(土)の2日間にわたり、『茶ッカソン in Tokyo 2017』が開催された。

茶ッカソンは、世の中をちょっとよくするアイデアについて、お茶を飲みながら議論する「現代版茶会」だ。発起人は、株式会社伊藤園 広告宣伝部の角野賢一さん。シリコンバレーのIT企業のカフェテリアへ『お~いお茶』を持ち込み、現地で日本茶ブームを巻き起こした人物だ。

サンフランシスコでの任期を終える直前、「世の中に良いインパクトを与えたい」と活動する起業家たちにインスパイアされ、自分も何かしたいと考えるようになった角野さん。そこで、当時さかんに行われ始めていたハッカソンのメソッドを取り入れ、お茶を飲みながら行うアイデアソン「茶ッカソン」を構想した。以降、海外ではシリコンバレー、シアトル、ニューヨーク、国内では東京、横浜、兵庫、京都、唐津で茶ッカソンを開催し、その活動は今年で4年目を迎えている。

課題解決から
観光施策まで!

茶ッカソンでは毎回、異なるテーマが設けられる。

例えば、第1回(シリコンバレー)では「サンフランシスコの人口の半数が無糖飲料を飲むようになるにはどうすればいいか?」、第6回(渋谷)では「SHIBUYAのコンシェルジュになろう!」から、続編では「インバウンド向けSHIBUYAマップを作ろう!」、などなど。

『茶ッカソン in Tokyo 2017』のテーマは、「NEW TOKYO GREEN TEA STYLE」。未来から求められるお茶のある空間ってなんだろう? という問いについてグループで考え、お茶の役割、本質的価値、そして可能性を探ろうという試みだ。

……と、概要やフレームは把握したものの、実際どんなことが起こるのかは謎だらけ。というわけで、『茶ッカソン in Tokyo 2017』の全貌を知るべく、両日とも潜入してきました!この茶会は、生涯でただ一度のもの。『茶ッカソン in Tokyo 2017』に行ってきた

【DAY 1】
インプットワーク

1日目の会場となったのは、渋谷・TECH LAB PAAK。会場には、伊藤園『お〜いお茶』の茶殻が含まれた「さらり畳」(北一商店)が敷き詰められている。参加者はこの上で煎茶道を楽しんだり、坐禅を組んだりする。茶ッカソン名物のひとつだ。

イベントは19:00にスタート。
まずは、茶ッカソン発起人・角野さんと、構想段階から携わっている東京カルチャーカルチャーの河原あずさんが挨拶。そして、茶ッカソンの概要や今回のテーマ、思考の指針となる「利休七則」などを息のあったトークで説明し、さっそくインプットワークへ。

インプットワークは、A4用紙を使って行われる。
まずは紙を折って8等分に。それを縦向きに置き、左の枠には「お茶」、右の枠には「心地いい空間」から連想するキーワードをそれぞれ書き込む。そして、そのワードにまつわるエピソードや、ワードをつなぎ合わせて見えてくるものを、近くに座っている人とシェアする、という内容だ。この茶会は、生涯でただ一度のもの。『茶ッカソン in Tokyo 2017』に行ってきた

30人の参加者の回答には、「緑色」「静岡」といった共通のワードが多く見られたが、なかには「おばあちゃん」といったパーソナルなワードや、「作法」といった苦い(?)経験に基づくワードも。あまりに身近で、深く考える機会がなかったお茶について掘り下げていくと、そこには多様な表情があることに気づく。

インプットワークの中盤では、DAY2のプレゼンテーションで審査員を務める株式会社伊藤園 専務取締役の社三雄さん、スウェーデン出身の日本茶インストラクター、ブレケル・オスカルさんも登場。この茶会は、生涯でただ一度のもの。『茶ッカソン in Tokyo 2017』に行ってきた

『お〜いお茶』の生みの親である社さんからは、まっさきに「不思議」というワードが飛び出す。「世界では決して主流とはいえない緑茶が、今、世界で評価され始めている」という現状への思いを「不思議」という言葉に込めつつ、「お茶の心は、一生で一度の機会に“相手にして差し上げる”という一期一会の精神。それが世界の方々にも響く理由なのでは」と分析した。これにはオスカルさんも「わびさびともつながる部分がある」と頷く。

そして、オスカルさんからは「無限」というワードが。「水、ぬるま湯、お湯で淹れるとそれぞれ風味が変わり、どれもおいしい。コーヒーや紅茶にはない柔軟性に可能性を感じている」と説明。そして、心地いい空間については茶園を含む「山」と回答し、「高校3年生のときにお茶に恋をして以来、ずっとお茶が恋人。だから独身なんです(笑)」と会場の笑いを誘った。

インプットワークでお茶について再認識した後は、グループワークへ。この茶会は、生涯でただ一度のもの。『茶ッカソン in Tokyo 2017』に行ってきた
1 2 3 4 5次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。