ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

年末年始におすすめの「あんこ」を使ったおやつレシピ

年末年始におすすめの「あんこ」を使ったおやつレシピ
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。12月26日(火)のオンエアでは、料理家のなかしましほさんをお迎えしました。

なかしまさんは、国立で「foodmood」という、ごはんのようなおやつのお店を主宰、『まいにち食べたい“ごはんのような”ケーキとマフィンの本』などのレシピ本も人気です。

この「ごはんのような」というのがキーワード。

「ごはん代わりに食べて欲しいというより、ごはんを食べるような気軽さ、素朴さのあるお菓子を『おやつ』と呼んで紹介したいなと考えています。焼きっぱなしのパウンドケーキや、クッキーとかシフォンケーキを売っています」(なかしまさん、以下同)

また、バターなどを使わずになたね油を使うのも特徴で、きび砂糖やてんさいなど優しい甘みのものを好んで使っているそう。

そして、なかしまさんは11月に『たのしいあんこの本』も発売しています。「もっと伝えたいくらい(笑)」という“あんこ”で1冊書いてしまったこの本。実際、スタジオに炊いたあんこをお持ちいただき、レシピの一部を紹介していただきました!

「まず、自分であんこを炊いたら試してほしい」のがトースト。トーストにたくさんあんこを乗せ、さらにその上にバターを溶かさずに乗せるのがオススメだそう。

あんこは簡単に作り置きもできるそうで、「豆がしっかり柔らかくなるまで煮て、完全に皮まで柔らかくなった後にお砂糖を加えるというのを守れば、誰にでもおいしくできます」と教えてくれました。年末年始には「おしるこや、大福もおうちで簡単にできます」とのこと。

子供の頃から、家庭であんこが身近だったというなかしまさん。「上京して、あんこは買わないと無いということに初めて気づいたんです。でも、華やかな洋菓子に、あんこよりも東京らしいものに憧れて…(笑)」と、一時「あんこ離れ」もあったそうですが、疲れたときに食べた豆大福に癒やされて、再びあんこに興味を持ち始めたのだそうです。なかしまさんのお店「foodmood」では、年明けからあんことクリームを挟んだシフォンサンドを発売するそうなので、是非チェックしてみてください!

ちなみに、おいしいおやつを作るコツを伺うと、「特別な材料ではなくて、ごはん作りと同じものを使って、気軽に作ることが一番だと思います。ごはんは作るけど、おやつは難しそうというのを無くせたらいいなと思っています」とのことでした。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy