体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

臼井孝のヒット曲探検隊~アーティスト別 ベストヒット20Vol.2 コブクロ

CD、音楽配信、カラオケの3部門からアーティストごとのヒット曲を読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。さて、今回は男性2人組のコブクロのヒット曲を探ってみたい。
 (okmusic UP's)
インディーズ時代から 大阪では既に人気を確立

コブクロは大阪府出身の黒田俊介(メガヒットを経験したアーティストではおそらく日本一長身の193cm)と宮崎県出身の小渕健太郎による男性デュオ。1998年に結成後、関西を中心としたインディーズ活動を経て、2001年3月22日にシングル「YELL~エール~」にてメジャー・デビュー。インディーズ時代から人情味あふれる歌声やキャラクターから大阪では既に人気を確立していたことや、ゆずや19など男性フォーク・デュオに追い風が来ていたこともあり、いきなり週間TOP10入りを果たした。

その後は「Yell」を超えるヒットはないものの、関西を中心に人気を維持してアルバムはTOP10入りをキープしていたが、2004年の「永遠(とわ)にともに」がNHK『みんなのうた』に起用され、しばらくして結婚式ソングとしてロングヒットをすることで、あらためてその楽曲の普遍性が注目されるようになり、以降TOP10入りをキープ。

さらに、2005年からは大手芸能事務所の研音との業務提携を行なったこともあり、所属タレントがメインで出演するドラマの主題歌をコブクロが担当したことも、彼らのヒット継続に大きく貢献した事だろう。実際、彼らの代表作と言われ、2007年に日本レコード大賞を受賞した「蕾」を含み、2005年の「ここにしか咲かない花」から2008年の「時の足音」までのシングル6作がすべてドラマタイアップに起用された。
ただ、こういった“バーター”的な案件は、研音に限らず大手事務所ならジャニーズ、スターダストプロ、ライジングなど普通に見かけることだが、“ゴリ押し”と揶揄されずにヒットを連発したのは、黒田の泣きの入る寸前のような歌声や小渕が手掛けるドラマティックな曲想など、感動させうる要素が詰まった楽曲を送り出していることが要因であることは言うまでもない。

特に、05年の初冬に発売された「桜」は、彼ら初のオリジナル曲としてインディーズ時代から人気で、その冬を耐えて花を咲かせるという作風や彼らの徐々にブレイクしていくという軌跡が見事にシンクロして翌年春までロングヒット、これが2006年発売の初のベスト盤『ALL SINGLES BEST』が300万枚を超える大ヒットにもつながった(ちなみに「蕾」は、この後のシングルであり、本作には収録されていない)。

2011年には、黒田、小渕ともに体調の不良から半年間の休業はあったものの、2017年発売の28作目となる最新シングル「心」まで19作連続でオリコンTOP10入りを果たしている。大半の非アイドル系のアーティストが、ファンの複数購入を狙った多種類の販売戦略によりTOP10入りを逃していく中で大健闘と言えるだろう。
やはり、それはファンとの距離感を感じさせない作風やトークに加え、ファンクラブの親切な対応もファン継続に一役買っているように感じている。具体的にはファンクラブ限定仕様のシングルやアルバムを発売したり、ライブのチケット転売問題がこれだけ大きな問題となる5年以上前から、入場時の本人認証制度や会員間の定価でのチケットトレード制度を導入したりしていたことだ。確かに、これだけ“自分の為に頑張ってくれている”と思うと、ファンってなかなか辞められない。

そんなコブクロの代表曲をあらためて探ってみたい。…多くの方がイメージするように、やはりバラードが中心だろうか(微笑)。
総合1位は「蕾」 (2007年発売 14thシングル)

総合1位は2007年の14thシングル「蕾」で、彼らのシングルでは唯一50万枚を超えている。また、ダウンロードでも唯一200万件を突破。レコチョクの年間ランキングでも2007年度4位、2008年度9位と、2年間にわたってロングヒットした(彼らの楽曲の中でレコチョク年間ランキングTOP10に入ったのは、現在までのところ「蕾」のみ)。

前年に発売された2枚組ベスト『ALL SINGLES BEST』が2007年初には200万枚を超えてノリに乗っていたことに加え、フジテレビの月9ドラマ『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』(主演:速水もこみち=研音所属)の主題歌に抜擢され、リリー・フランキーの原作の評判もあって、ドラマのヒットも高初動を大きく牽引した。

しかし、ドラマ終了後も長くロングヒットとなり、さらに日本レコード大賞受賞にも不平不満が挙がらないほどのその年の代表作となったのは、やはり彼らの泣きの要素がギュッと凝縮されたようなサビの歌詞、メロディー、歌声があってのことではないだろうか。実際、この部分は、その後も芸人が歌うモノマネ番組でも歌われる機会が多く、その度に翌日の配信チャートは大きく再浮上するほどだった。ちなみに、この黒田の泣きのボーカル部分のモノマネが最も上手いのは、他ならぬ小渕で、ライブやTV番組のトークでもネタになっているほど。
総合2位は2005年の12thシングル「桜」。本作もCDがTOP200を1年以上ランクインするほどのロングセラーで累計43万枚以上のヒットとなっているが、3つのセールスピークがあったことも結果的にビッグヒットとなった要因だろう。

1つ目のピークは発売直後。通常、春先に発売されることの多い桜ソングとは3か月以上早い2005年11月に発売することで、“夢を咲かせる”という意味がよりクローズアップされた。彼らがインディーズ時代に発表していた楽曲というのも、より歌詞の内容をリアルにしたであろう。

2つ目のピークは年が明けてフジテレビ系ドラマ『N’sあおい』の主題歌に起用され、ドラマ開始と共に再浮上したこと。通常、ドラマタイアップ曲のCD発売は放送開始から1か月前後経過した時期なのだが、本作の場合はその頃(2006年2月)に冬の桜が満開になるという粋なジャケット違い&DVD収録シングルを発売したこともロングヒットを助長した。

そして、3つ目のピークは、春になって桜ソング特集が組まれることで、三度注目を浴びることに。03年の森山直太朗「さくら(独唱)」。04年の河口恭吾の「桜」、そして05年のケツメイシの「さくら」に次いで、06年の本命ソングとして紹介され、累計21週間におよぶTOP20入りを果たした。
さらにダウンロードでは、春になる度に配信チャートでは上昇するほどの定番ソングに。CDセールスでは福山雅治「桜坂」や森山直太朗「さくら(独唱)」のミリオンヒットが目立っているが、今でも配信で“売れ続ける”となると、ケツメイシ「さくら」とこのコブクロの「桜」が突出している。これも彼らに“記憶の名曲”が多い証だろう。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。