体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アウトレットからマリメッコだらけの社食まで!マリメッコ本社【現地ルポ】

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
日本でも人気の高いフィンランドのテキスタイルブランド「マリメッコ(marimekko)」。自然などをモチーフにした柄と、独特な色使いが人気です。日本にもお店がいくつかあり、アパレルから食器まで、様々なアイテムが揃っています。

ヘルシンキにある「マリメッコ」の本社は、ファンにはたまらない場所なんですよ。今回は実際に行ってきましたので、現地ルポをお送りいたします。

マリメッコ本社への行き方

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
「マリメッコ」の本社は、ヘルシンキ中央駅から1本で行ける距離にあります。
最寄駅は「ヘルットニエミ(Herttoniemi)駅」です。だいたい20分くらいで到着します。乗り過ごさないように、アナウンスには気をつけてくださいね。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
「ヘルットニエミ駅」に着いたら、地上に上がりましょう。地上に上がったら左側の出口から出てください。目印は売店です。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
出口を出たら、右手の方に向かいます。高速道路の上を渡る橋がかかっているので、その橋をそのまま渡っていきます。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
まっすぐ進んでいくと、スーパー「Lidl」が見えてきます。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
そしてさらにまっすぐ進むとマクドナルドの看板があるので、この信号を渡ったら左へ曲がってください。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
そのまままっすぐ行くと、「Volvo(ボルボ)」の建物が。ここに「マリメッコ」の看板があるので、看板の矢印の通りに右側へと入っていきましょう。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
そのまま歩いていくと、左側に「マリメッコ」と書かれた建物が出てきます。これが本社です。最寄駅からは徒歩10分程度。簡単にいけますよ。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
早速、建物の中に入っていきましょう!

日本で買う半額以下のものも!お得すぎるアウトレット

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
正面入口から入ると階段が出てきます。ここを左手に行くとアウトレットを含めたショップ、右手に行くと「Maritori(マリトリ)」という名前の社員食堂です。まずは、ショップの方に行きましょう!

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
ショップに入ると、バーーーン! と広いスペースにはマリメッコだらけ!(当たり前なのですが:笑)。どこを見ても、置いてあるのはマリメッコなんですよ。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
人気の食器類もこの通り! 迷うほどあります。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
しかも、アウトレットは現地価格(日本で買うものより約1万円くらい安い!)で買える上に、さらに半額以下になっている商品だってあります。中には今季物が出ていたりするので、時間をかけてしっかり目的のものを探してくださいね。

ちなみに、筆者は今季物のB級落ちワンピースを、定価210ユーロのところを、60ユーロで手に入れました! そんな掘り出し物があるのがアウトレットの嬉しいところですね。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
こんな風に投げ売り的なコーナーも。ここでバラマキ用のお土産を買ったら、とても喜ばれますよ。ここに置いてあったポーチは、2つで10ユーロというお値段! 安い!

ひとしきり買い物をしたところで、お腹が空いたので社食にいきましょう!

社食もマリメッコだらけ!

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
マリメッコ本社の社食「maritori(マリトリ)」は、一般にも解放しているので、買い物にきたらぜひ立ち寄ってください。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
フィンランド語でメニューが書いてあるのでちょっと難易度は高いので、ランチならビュッフェを頼むのが一番かと思います。11ユーロで好きな料理を好きなだけお皿に盛って行って、最後に会計をする形です。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
この社食は、もちろんマリメッコだらけ! トレイも、お皿も、カップからナプキンまで、全部マリメッコなんですよ。柄だらけなのに、マリメッコで揃えると、こんなに可愛いのは何故なんでしょう・・・。

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
社食なのでマリメッコで働いている方もいっぱい。みんな自分の会社の洋服を着ていて、素敵です・・・。

マリメッコ好きなら絶対に行きたい!

食堂もアウトレットも!マリメッコ好きにはたまらない「マリメッコ 本社」現地ルポ
めちゃめちゃお得なアウトレットから、マリメッコだらけの社食まで、マリメッコ好きならたまらない場所である「マリメッコ本社」。ヘルシンキに行くなら、絶対に寄っていただきたい場所です。マリメッコが好きな人でも、そうじゃない人でも、素敵な空間にうっとりしちゃいますよ。

Marimekko-Tehtaanmyymälä
住所:Kirvesmiehenkatu 7, 00880 Helsinki
TEL:+358 9 758 7244
営業時間:月~金曜10:00~18:00、土曜10:00~16:00
定休日:日曜
https://www.marimekko.com/

[All Photos by Kaori Simon]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。