体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不信心だけれども江戸三十三観音をめぐる。男の御朱印集めの旅~その8~

2017年某日 江戸三十三観音めぐり…第8日目

YouTube動画でタイトルに「歌ってみた」を付けないで、ただ高らかに歌うだけの身の程知らずカラオケ動画に、低評価ボタンを怒涛の如く押しまくるという日課を済ませたあと、観音巡りの準備を始める。

まず、今日訪問するお寺は、東円寺(札所第十九番)真成院(十八番)天徳寺(二十番)。そのお寺に電話連絡を入れ、本日ご朱印を頂ける確認をとり家を出た。 今回は新宿で『メトロ一日乗車券』(600円)を購入。計算上はペイできる予定だが……

という訳で、今回は19番目(札所第十九番)と18番目(札所第十八番)20番目(札所第二十番)を巡ります。

 

東円寺(札所第十九番)杉並区和田

メトロ丸ノ内線新宿駅から中野富士見町駅(170円)で下車。 ここから結構歩くわけだが、なんだか嫌じゃない。というのも私が上京したての頃、この辺に住んでいたから。変わったようで変わらない街並みを眺めながら12分ほど歩くと東円寺に到着。

自分にゆかりのある街とはいえ、ここにはお初。

上品な門構えから続くスロープを上り境内へゆくと正面に大きなお堂、そして左手には小さなお堂、逆は寺務所という立地。大きなお堂の前に立ったが、開帳されていないのはどこでもよくあることなので手を合わせる。

その後、寺務所へお邪魔し、呼び鈴を鳴らすと現れたのは美しいご婦人。

「お参りはお済で?」との質問に対し、私は返事と大きなお堂の方を手のひらでさすと、「あちらではないんです」とご婦人が示したのは小さなお堂。 一瞬、どっちでもいいかな……という思いがよぎらなかったかと言われれば嘘になるが、不信心とはいえ建物に頭下げて、ご本尊を無視して帰るのは忍びなかったので改めてお参り。

寺務所まで往復している間にご朱印は完成していた。スロープを下りながら、坊さんになるとあんな綺麗なお嫁さんが来るのかメモメモ…そんなことを考えながら次なる寺へ向かった。

 

真成院(札所第十八番)新宿区若葉

丸ノ内線中野富士見町から四ツ谷駅下車(200円)。

駅を出て、迷う前に真っ先に交番に直行する。分からなくなる前に聞け、この旅で学んだ鉄則なのだ。すると珍しいことに女性警官が2人。目的地を告げると後輩っぽい警官が困惑、そこに先輩が割って入り、地図と行く先を示しながらてきぱきと説明してくれた。

どうやら難しい道順らしい。(というわけで、簡単そうだけど難しい順路を写真付きで説明します。) 新宿通りをまっすぐ。目標はジョナサン→ファミマ。ファミマの角を左に入る路地があるので曲がり、またまっすぐ。 突き当りまで進み、右折。細い道を歩くと左手に観音坂。 この坂、実に下りたくなる坂である。

で、到着するのが真成院。

門を入って右手に本堂に続く階段があるのだが、まず「寺務所でお参りする旨を伝えて」との張り紙があったので従う。寺務所に入ると、和服の美麗なご婦人が挨拶してくれた。階段を屋上まで上り本堂にお参り。夏真っ盛りに階段上りはなかなかの苦行である。

その後、寺務所であらかじめ渡しておいた帳面にご朱印を頂き、ありがたいことに冷たいお茶もごちそうになった。

 

天徳寺(札所第二十番)港区虎ノ門

本日、最後のお寺は、丸ノ内線四ツ谷駅から銀座で下車し、日比谷線に乗り換え神谷町駅下車(170円)。虎ノ門といえば、ブランドエリア。アッパーで意識の高い鼻につ……日本を支える人々が住んだり働いていたりするところ。そんな大都会の真ん中を歩いて10分弱で天徳寺に到着。 境内は、大都会にあるとは思えないくらい静かで緑深い。異世界に足を踏み入れたような感覚、お堂のどこか異国情緒を漂わせる佇まい。(異国に行ったことないけど) お堂は開帳しておらず、お参りを済ませ日本家屋の寺務所へ向かうと、取り次いでくれたのは、ご婦人。説明を受けると、どうやらご本尊はこの家屋にあるらしい。またお堂に頭を下げた形だが、案内されるまま進むとご本尊が。今までにない距離感に威圧感を感じつつお参り。

今日は、ご婦人に縁のある素敵な日だなぁ、なんて思っていたら、ふと思い出した。近くにあの出世の階段で有名な愛宕神社があると。

出世するか、お坊さんにならなきゃ綺麗な嫁がもらえない!と思い足を向けることに。グーグルマップによると7分で到着。スマホに示される道順を歩くと登場『愛宕神社参道』。

歩を進めようとすると、脇を超絶美女が通り抜ける。自分が出世したいのか、出世する男を探しに来たのか……。

美女の残り香をたどりながらやや勾配のある道を進む、進む、進む、しんどい……。美女は、すいすいと先を歩き、やがて姿が見えなくなった。そして、汗だくで境内に辿り着く。……着く??

そこに広がる世界は神社然とした建物、鳥居、顔抜きパネル。

へ? 出世の階段は?

あたりを見渡し、くだんの階段を探す……。ありました……階段を上ることなく頂上に辿り着いていたのでした。

愕然とする。グーグルマップが示したのは最短の裏ルート。階段がある正面ではなかったわけだ。出世の夢すら見させてくれないグーグルマップの思し召し、無慈悲……。はたと思い出す、「美女は?」

そんなに広くない境内をそれとなく探す、が忽然と消えている。ああ、キツネの仕業か。キツネが私の出世を妨害しようというのか……。

女性に一喜一憂した観音巡りとなりました。

※ちなみに帰りの新宿まで(200円)で、交通費は740円で一日乗車券はペイされた。

 

その十観音へ続く……月刊江戸楽 2月号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。