体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悲しい顔で「ポイチンタイタイ…」なかなか伝わらない、1歳児への注意の内容  by 眉屋まゆこ

息子が1歳すぎた頃から、注意したり叱ったりする場面が徐々に増えてきました。が、全然ピンと来ていない様子。

f:id:akasuguedi:20171219161319p:plain 前回エピソード:被害を最小限に食い止め、洗うのも簡単! 冬のウンモレに大活躍してくれた<汗取りパッド> by 眉屋まゆこ

真面目な顔でビシッと叱ったつもりでも、本人はニヤニヤ。まだ小さいからなぁと思いつつも通じなさすぎて少々不安でした。

反応が変わったのが1歳半過ぎたあたりです。注意されると悲痛な声で小刻みに「へー。へー」と言うようになりました。

f:id:akasuguedi:20171219161338p:plain

叱られた理由はまだ分からないけれど、叱られていること自体は察しつつある様子。

まだまだ細かい理屈が通じる年でもないので、我が家で主に注意するのは

①固いおもちゃを投げたときの

「ポイだめ」

f:id:akasuguedi:20171219161402p:plain

②危険な時に

「イタイイタイするからだめ」

f:id:akasuguedi:20171219161420p:plain

の二点。

「ポイだめ」と「ゴチンしてイタイイタイするからだめ」を繰り返し言い聞かせた結果、注意されるとこう言うようになりました。

f:id:akasuguedi:20171219161508p:plain

「ポイ」したことと「ゴチンしてイタイイタイ」することで注意されている、という内容を理解しだしたのかも!

f:id:akasuguedi:20171219161530p:plain

しかし「ポイチンタイタイ…」と悲しい顔をされるのが面白すぎて、こちらが真剣な顔を保つのに一苦労です。

まぁでも本人も叱られた理由が分かってきたみたいで一安心、と思っていたら…

f:id:akasuguedi:20171219161555p:plain f:id:akasuguedi:20171219161606p:plain

やっぱりまだよく分かってないのか。

「注意」が効くのは「言葉の理解力」が必要、でも理解するには繰り返しの注意が必要。根気がいりますね… 関連エピソード:同じ“子をもつ親”でも考え方は人それぞれ。投げ癖で気づかされた児童館でのある出来事 by ナナハル

f:id:akasuguedi:20170202112712j:plain

眉屋まゆこ

Twitterにて育児マンガを連載。子育てママユーザーから共感を得て作品が拡散、様々なWEBメディアに取り上げられるなど話題になる。大手育児情報サイトなどでも連載開始。

Twitter:https://twitter.com/m_mayuya

『すくすくそらまめ』(KADOKAWA)

「大変だけど、おもしろかわいいの方が強い!」

そんな気持ちで“おもしろ変換”育児エピソードをTwitterに投稿したところ、「わかる、あるある~」の声が続出し、フォロワーも一気に急増!

育児ママから共感を集めた「うちの子あるある」漫画を、ほぼ書籍用に改稿! さらに描き下ろしエピソードも多数!!

クスッと笑えて共感できる! 心も体もぐったり疲れた育児ママを癒します!

関連記事リンク(外部サイト)

育児あるあるの1つ『おもちゃの取り合い』。こんな対応の選択肢もアリ!  by チカ母
手づかみ食べでも褒められる1歳児に納得いかない5歳児。4歳差兄弟の叱り方・褒め方問題 by tomekko
「お片付けしなさい!」から解放されたい…。兄弟で一緒に片付けさせる3つの作戦 by ぴよととなつき

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。