体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新常識!? 「箸袋」でつくられる日本版チップ

新常識!? 「箸袋」でつくられる日本版チップ

食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試みが、いま話題になっている。

その名も「JAPANESE TIP」。

ことの始まりは、主宰の辰巳雄基さんが飲食店でアルバイトをしていたときのこと。食事を終えたお客さんが残していった、無造作に変形させられた「箸袋」がきっかけだった。食べ残しや、食べ散らかされたテーブルに日々心を痛めていたときでもあり、その「箸袋」をお客さんからの「ありがとうのしるし」だと受け取るようにしたのだそう。新常識!? 「箸袋」でつくられる日本版チップ

「もしこれが、お客さんからのごちそうさま!ありがとう!のしるしなら片付けがもっと楽しみになるのに」。

そんな発想から、箸袋の折り紙を「JAPANESE TIP」と名づけ、広めていくことに。2012年に活動がスタートし、辰巳さんは日本一周の旅をしながら、協力店をつのり、創作物を集めたのだった。

かっこいいもの、へんてこなもの。
1万3000点の「ありがとう」

全国から集まったこれらは、すべて「ありがとう」の気持ち。自由に思いを張りめぐらせながら見てみてほしい。新常識!? 「箸袋」でつくられる日本版チップmade in FUKUI / Restaurant新常識!? 「箸袋」でつくられる日本版チップmade in SHIZUOKA / Izakaya新常識!? 「箸袋」でつくられる日本版チップmade in TOKYO / Ramen新常識!? 「箸袋」でつくられる日本版チップmade in FUKUOKA / Restaurant新常識!? 「箸袋」でつくられる日本版チップmade in SHIMANE / Livemusic club 創作物の正体がなんのかは・・・つくった人のみぞ知る。新常識!? 「箸袋」でつくられる日本版チップ先日開催された展示会の様子。全国から集まった1万3000点のなかから8000点が展示されたPhoto by YASAKA Marico

 

ここでひとつ、「折」という文化についてふれる。

まず、「包む」ということは、日本古来から相手を尊ぶ所作として大切にされてきたもの。神への供物や贈り物を想像すると、ピンとくるのではないだろうか。そして、包んだ時に紙に折り目がつくことに着目して生まれたのが、包みを美しく折って飾る儀礼「折」。この文化は「JAPANESE TIP」と通ずるものがある。辰巳さんは、「JAPANESE TIP」を通して、“相手を大切にする心”だったり、日本の礼儀や文化を考えるきっかけがつくれたら、という風にも考えている。

“あたりまえ”はそんなに
あたりまえじゃないってこと。

海外に行くと改めて日本のお店の対応の丁寧さに気づかされる、と辰巳さん。食べ物についても、日本は食料廃棄率が世界でもトップだったり。日本人は、お店でおもてなしを受けることに対しても、好きなものを好きなだけ食べられる環境に対しても“あたりまえ”になり過ぎているのではないだろうか。

箸袋を折りながら食べ物の「ありがたみ」を感じとる。そして、おもてなしに対する「ありがとう」を表現する。気持ちのこもった「JAPANESE TIP」というコミュニケーション、あなたも今日からはじめませんか?

 新常識!? 「箸袋」でつくられる日本版チップLicensed material used with permission by JAPANESE TIPTop Photo by YASAKA Marico

関連記事リンク(外部サイト)

常識を覆す、「新しいお箸」と出会いました。
「動物実験は不要になる!」マイクロチップ型人工臓器が、製薬業界に革命を起こす!?
日本の「包む文化」と、ドイツの「ミニマリズム」を融合させたギフトボックス

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。