体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「2019年にはさらにビッグなツアーを」― ショーン・メンデス 来日インタビュー&サイン入りチェキプレゼント

「2019年にはさらにビッグなツアーを」― ショーン・メンデス 来日インタビュー&サイン入りチェキプレゼント
 米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初登場1位を獲得した2ndアルバム『イルミネイト』(2016年)を引っさげたワールド・ツアーが軒並みソールド・アウトとなり、最新シングル「ホールディン・ミー・バック」が自身最高位となる全米6位(「トリート・ユー・ベター~ボクならキミを絶対に大切にする」とタイ)をマーク、米ビルボードが選ぶ最も成功している21歳以下のアーティストをランキングした2017年度の“21 Under 21”1位に輝くなど、今年目覚ましい活躍を見せたカナダ・トロント出身の19歳のシンガー・ソングライター、ショーン・メンデス。そんな彼が、ワールド・ツアーの最終公演として2017年12月18日に東京国際フォーラムAで日本で初となる単独ライブを行った。公演前日にショーンに目まぐるしい1年を振り返ってもらうとともに、待望のニュー・アルバムについて話を訊いた。

◎ショーンにとって明日の東京公演が年内のツアー日程最終日となりますね。
 そう、明日が最後のショーだよ。【イルミネイト・ワールド・ツアー】の最後の公演でもあるんだ。
◎ツアー最終地に東京を選んでくれた理由は?
 オーストラリアをツアーする予定があって、今回のツアーが終わる前に必ず東京に戻ってきたいと思っていたから。ツアーファイナルを迎えるのにピッタリな場所だね。
◎【イルミネイト・ワールド・ツアー】は、ショーンにとって過去最大規模のツアーでもありましたが振り返ってみていかがですか?
 寂しい気持ちもするけれど、同時にワクワクしてる。新曲をプレイしたくてウズウズしてるし、新しいステージ・プロダクションでショーをやりたい……準備はできてるんだ。今回は全部で62公演も行ったからね。悲しいけれどエキサイティング。これは終わりではなくて、次のツアーの始まりなんだ。
◎1年間のツアーの経験から学んだことは?
 落ち着きを保つことを学んだ。自分の人生がクレイジーだ、というのを自覚し、そのせいでストレスをためないこと。よく考えてみれば、単純に楽しいからね。若かった頃は……と言っても今年の初頭の話なんだけど(笑)、何でも真に受けていた。たくさんの人たちが運営に関わっている大規模なツアーを行うことなどから、大人になることについて多くを学んだね。
◎今回のツアーで思い出深かったことはありますか?エド・シーランがサプライズで登場した公演もありましたよね。
 そうそう!NYでやった公演に参加してくれたんだけど、思いもよらなかった。というか、今それを口に出して言っただけでも、何だか不思議な感覚で信じられないよ。それにジョン・メイヤーともトロントで共演することができたし。
◎トロントといえば、地元での凱旋ライブはどうでしたか?
 最高だった!でも怖かった部分もある。今までの人生であれほどナーヴァスになったことはないよ。
◎ご家族や友人もみんな来ていたんですか?
 もちろん!みんな来てた。エア・カナダ・アリーナで2日間公演をやったんだけど、最初の公演でヘマをしたら、次もあるというのは多少気休めになった。「今日のパフォーマンスはなかったことにして!また明日観に来てよ」ってぐあいに(笑)。初日もちゃんといいパフォーマンスができたんだけど、ここだけの話、翌日はさらにいいショーになったよ。
◎そして9月には公演を予定していたメキシコで大きな地震が起こるという惨事にも見舞われました。
 本当に信じられなかった。ショーをキャンセルしなければならなかったけれど、いずれまた公演を行いたいと思ってる。本当に色々なことがありすぎるツアーで、どのショーが一番記憶に残っているか選ぶことができないな。どれもそれなりに良さがあるから。
◎今年の功績を振り返ってみて、特に誇らしいものは?
【MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード】や【アメリカン・ミュージック・アワード】でいくつか賞を受賞したことは嬉しかった。でも正直な話、その瞬間は明日の公演が終わったら時に訪れると思う。62公演もあるワールド・ツアーを無事完走することができたから。これも口に出して言った時に実感がわかないな。そしてもっと信じられないのが2019年にはさらにビッグなツアーを行うということ。今回以上に大規模なツアーを行う予定なんだ。
◎では、今年リリースされたアルバムや曲で愛聴したものは?
 エドのアルバムは間違いなく最高だった。(ジョン・)メイヤーのアルバム。今年特にハマったのはダニエル・シーザー。トロント出身のアーティストなんだ。あとは、カリードのアルバムも素晴らしかった。そしてトーヴ・スティルケ。もし聴いたことがなかったら絶対聴いてみて。そういえば今年マイケル・ジャクソンのアルバムをまた聞き始めたんだ。彼の曲がいくつか入っていたプレイリストをたまたま聴いたら、「今まで聴いた中で一番最高の曲じゃないか」と思って、アルバムをダウンロードしてに全部聴いたんだ。ソングライティングとプロダクションが本当に素晴らしいよね。それとフリートウッド・マックの『噂』もよく聴いたな。
◎ツアーをしているとあまりニュースを追う時間がないかと思いますが、今年の音楽ニュースで気になったものはありましたか?
 カリードの大飛躍。【グラミー賞】5部門にノミネートされて、心から嬉しいよ。テイラーのアルバムもアメイジングだった。アルバム・リリースの方法も興味深かくてクールだったし。
◎気になる2018年の活動について教えて下さい。
 ニュー・アルバムのリリース!今のところの予定ではね。まだ半分も完成していないけれど、いいことだと思う。作業に費やせる時間はたくさんあるし。
◎新作でコラボしたいソングライターなどはいますか?
 実は既に僕が尊敬している何人かのソングライターを曲作りを行っているんだ。ライアン・テダーと一緒にいくつか曲を書いたし、願わくばジョン・メイヤーやエド・シーランとスタジオ入りしたいと思っているけど、2人とも物凄く忙しいからね。
◎楽しみですね。ちなみにニュー・アルバムのリリース時期は?
 来年に入って数か月後にリリースされるんじゃないかな。
◎ミュージカル映画に出演するという報道がありましたが、こちらの進捗は?
 あの話はなくなってしまったんだけど、出たいなと思っている映画はいくつかあるんだ。もしかしたら、2019年頃には何かしら公開されるかもね。
◎リリース情報
『イルミネイト(ジャパン・スペシャル・エディション)』 
ショーン・メンデス
2017/11/29 RELEASE
2,700円(tax incl.)
◎プレゼント情報
抽選で1名様に取材時に撮影したショーン・メンデスのサイン入りチェキをプレゼント
<応募方法>
01.Billboard JAPANの公式twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)をフォロー
02.本記事をRTで応募
※応募締め切りは、1月4日(木)正午となります。
※当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMを送ります。当選時に@Billboard_JAPANをフォローされていない場合、当選は無効となります。
<受付期間>
2017年12月26日(火)~2018年1月4日(水)12:00

関連記事リンク(外部サイト)

ショーン・メンデス、初の単独来日公演に満員のファン熱狂「今日は特別な日にしよう!」
ショーン・メンデス、ライブトークショーのためアルマーニ来店
ショーン・メンデス、『MTV アンプラグド』ライブ・アルバムを11/3にリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。