体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ISEKI、主催イベント『毎日がクリスマス』の最終公演でワンマン開催!

元キマグレンのISEKIがオーガナイザーを務め、2017年で10周年のアニバーサリー・イヤーを迎えたイベント『毎日がクリスマス』。2016年に続いて横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホールでの開催となり、12月10日〜12月25日の期間に多くのアーティストが出演し、横浜みなとみらいのクリスマスを盛り上げてきた。
12月25日@横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール (okmusic UP's)

2017年もISEKIが驚くようなブッキングを手がけたことで大きな話題を呼んでおり、加山雄三、馬場俊秀、CODE-V、K、SCANDAL、KEYTALK、平井大、中田裕二、chay、sumika、カノエラナなど、ベテレンから若手まで多くのアーティストが出演した。その最終日となる12月25日のクリスマスに、満を持してISEKIがワンマンライブを開催した。

赤と緑のクリスマス・カラーに照らされたステージに一人で登場したISEKI。「カルアミルク」の弾き語りからライブがスタートし、その歌声は今日を迎えた喜びと久しぶりのワンマンライブに対しての気合いが十分に感じとることができた。そして、ギターとキーボードをステージに呼込んでオリジナル曲の「Angelica」を披露する。続いてドラムとべースを呼込み、フルバンドのメンバーがそろったところで、ISEKIが敬愛して止まない山下達郎の「RIDE ON TIME」が始まる。久しぶりのフルバンドということもあり、誰よりも音楽を楽しんでいるのがISEKIであり、その楽しさがファンにも自然と伝わって、このクリスマスショーは早くも大きな盛り上がりを見せる。MCを挟んで「接吻」「十人十色」「ルビーの指環」と色合いの異なる名曲を、しっかりとISEKI色を混ぜ込んで披露してくれた。このライブの流れを大事にしながら、次はオリジナル曲としてファンに人気が高い「陽だまり」を持ってくるあたりはライヴ巧者として「素晴らしい!」の一言に尽きるセットリストだ。

ライヴ中盤はカバー曲を中心としたセットが組まれたが、後半は一転してオリジナル曲を中心としたセットであった。10月にリリースしたカバーミニアルバムシリーズの第3弾に収録し、元℃-uteの矢島舞美とのコラボが大きな話題を呼んだ「街 feat.矢島舞美」、第2弾に収録した「バブル・サマー feat.ジャンク フジヤマ」ではサプライズ演出でジャンク フジヤマが登場しての共演パフォーマンス。会場の盛り上がりは最高潮を迎える中、ソロメジャーデビューを飾った第1弾作品に収録され、事実上のデビュー曲となる「HOLD YOU feat.中田裕二」を会場のファンと共に大合唱する。この盛り上がりのまま、間髪入れずに「紺碧の海と真っ青な空の下で」でライヴ本編を締めくくった。

バンドメンバーと共にステージ袖に姿を消した直後から会場にはアンコールを求める熱い声援と手拍子が鳴り、それに応えるべくISEKIが再びステージ上に姿を現した。コーヒー豆からこだわって作ったオリジナルコーヒー等を紹介し、会場の空気を和ませてからアンコールがスタートする。今秋開催した全国カフェツアーで、猛特訓の末に披露したピアノ弾き語り「STAND BY ME」を今回も披露し、ファンに対しての感謝の想いが、一生懸命に弾くピアノの温かい音色と共に会場にあふれていたのが印象的であった。そして『毎日がクリスマス』10周年の最後に選んだ曲は、この日が初披露となる新曲「見果てぬ記憶(ゆめ)」というファンにとっては嬉しいクリスマスプレゼントだったのではないだろうか。

さらに、2018年早々にオリジナル曲の音源制作を本格的に開始することや、同年3月からは全国2マンライブツアーの開催を発表するなど、クリスマスサプライズ発表を連発してくれた。ISEKIにとって2017年はソロメジャーデビューを飾り、ミニアルバム3枚をリリースし、初の全国ツアーも開催した。そして『毎日がクリスマス』も10周年を無事に迎えるなど、アーティストとして大きな飛躍を果たした1年だったが、2018年も怒濤の1年になりそうな気がして楽しみだ。

Photo by コザイリサ
【セットリスト】

1.カルアミルク

2.Angelica

3.RIDE ON TIME

4.接吻

5.十人十色

6.ルビーの指環

7.陽だまり

8.SEPTEMBER

9.飾りじゃないのよ涙は

10.月の裏で会いましょう

11.街 feat.矢島舞美

12.Santa Claus is Coming To Town(インスト)

13.バブル・サマー feat. ジャンク フジヤマ

14.HOLD YOU feat.中田裕二

15.紺碧の海と真っ青な空の下で

<ENCORE>

1.STAND BY ME

2.笑顔の花

3.見果てぬ記憶(ゆめ)
『ISEKI LIVE TOUR 2018 〜COFFEE & SOUL 深煎り編〜』
3月16日(金) 京都・KYOTO SOLE CAFE

3月24日(土) 広島・HIROSHIMA ヲルガン座

3月25日(日) 福岡・FUKUOKA ROOMS

4月01日(日) 東京・あきる野市 五日市体験茶や

4月06日(金) 神奈川・YOKOHAMAサムズアップ

4月07日(土) 宮城・塩竈市杉村惇美術館 大講堂

4月13日(金) 愛知・NAGOYA JAMMIN’

4月22日(日) 大阪・心斎橋JANUS
ミニアルバム『AOR FLAVA -silky red-』
2017年10月25日発売

TKCA-74563/¥1,852+税

<収録曲>

1.ルビーの指環

2.セクシャルバイオレットNo.1

3.東京ららばい

4.月の裏で会いましょう

5.じれったい

6.飾りじゃないのよ涙は

7.SEPTEMBER

8.街 feat.矢島舞美
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。