体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽で楽しくお片づけ!デジ家具『CleanUp Orchestra』がおもしろい

音楽で楽しくお片づけ!デジ家具『CleanUp Orchestra』がおもしろい

 子育てには色々な難問がありますが、結構長く悩みが続いてしまうのが、遊んだ後の「お片づけ」。遊びっぱなしで部屋を散らかしたまま、何度言っても自分からしてくれず、結局業を煮やしてパパ・ママが代わりにやってしまったり……ってありますよね。自分も小さい頃はそうだったんでしょうが、どうやったら自発的に「お片づけ」してくれるのか、悩んでしまいます。そんな悩みに応える、ちょっと面白いアイデアグッズが都内で行われた体験会で、発表されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 2017年12月23日、会場は銀座の外堀通りに面した商業施設、マロニエゲート2(旧プランタン銀座)にある『ニトリ マロニエゲート銀座店』。ここでニトリが推進する『デジ家具プロジェクト』の試作品『CleanUp Orchestra』の体験会が行われました。『デジ家具』とは、既存の家具にデジタル技術を組み合わせ、新たな使い方などの付加価値をつけた商品のことだそうです。

 お片づけで難問なのが、おもちゃや絵本などを「いつも決まったところに戻す」という習慣づけ。つい子供はゴチャッと放り込んでしまい、元のように入りきらなくなったり、次に遊ぶ時に目的のものが見つからない……なんてことが起こります。使い終わったら決まった元の場所に戻す、という習慣ができれば、お片づけは楽になります。でも、なかなか「元の場所」を覚えてくれないから、難しいんですよね。

 今回体験会が行われた『CleanUp Orchestra』は、子供用のデスク&チェアや収納(トイシェルフ・ブックシェルフ)家具。これにデジタル技術による、ちょっとした仕掛けをつけて、子供が自発的に楽しくお片づけができるようになる……という商品です。

■片づけるごとに演奏楽器が増え最後はまるでオーケストラ

 『CleanUp Orchestra』は、通常の家具に加えて、センサーモジュールとカラフルなセンサータグシールがセットになっています。まず、おもちゃや家具の棚にセンサータグシールを貼り、片付ける場所となる家具にセンサーモジュールを取り付けます。


 おもちゃなど、センサータグシールを貼ったものを、対応するセンサーモジュールのある正しい場所(家具)に片づけると、音楽が奏でられます。スマートフォンのアプリで、おもちゃなどに対応する音楽を設定すると準備完了。アプリのスタートボタンを押すと有効になります。


 センサータグシールを貼ったおもちゃなどを設定された「決まった収納場所」に戻していくと、戻す品物が増えるに従って、音楽を奏でる楽器が増えていきます。お片づけが終わると、まるでオーケストラのよう。だから『CleanUp Orchestra』なんですね。

■体験した子供たちにも好評

 実際に体験した一般の子供たちは、物を戻すたびに楽器が増えていくのが楽しそう。音の変化に喜んでいました。「音が増えて楽しい気持ちになった」や「お片づけが楽しく続けられそう」といった感想が聞かれました。



 参加した保護者の方は「子供たちが楽しんでいる様子が伝わってきた」「面白いシステムで、とても良いと思います。取り入れてみたいです」という感想を述べていました。

 お片づけの重要ポイント、しかし難問である「決まった場所に戻す」という習慣づけを楽しくできて、それを目的化しようという『CleanUp Orchestra』の考え方は非常に面白いですね。まだ試作品ですが、市販化が待ち遠しい商品です。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ペンタブレットの替え芯に「パスタ」や「爪楊枝」 ワコムさんにリスクを聞いてみた
「民放が2局しかない」「よくはぶかれる“一部地域”」 宮崎の田舎JKが作詞した『田舎女子高生』が面白い
デンキウナギでツリーを点灯 アクア・トト岐阜に行ってみた

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。