ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グッスリ眠るのに効果的なのは?

グッスリ眠るのに効果的なのは?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。12月25日(月)のオンエアでは、「グッスリ眠るための簡単なストレッチ」を紹介しました。まずはクイズから。

Q:脳と体の疲れがとれてグッスリ眠るためには、深部体温(体の内部の体温)を上げることが大事ですが、体の“ある部分”を回すことで深部体温を上げることができます。それはどこでしょう?

1:腰
2:腕
3:足

別所は悩んだ挙句、「腰」を選びましたが、正解は「腕」でした!

睡眠専門医で、RESM新横浜院長の白濱龍太郎さんによると、「深部体温は1日を通して決まったリズムで変動。朝、目覚める頃から上昇を始め、日中は高めのまま推移し、夜にかけて低くなります。そして、深部体温が下がると眠くなる、という仕組みが備わっています」とのこと。

良い睡眠がとれないという人は、深部体温のリズムが乱れて、夕方のピークになっても深部体温が上がらない、また、夜に布団に入る時間になっても深部体温が下がらないことが考えられるそうです。

「腕を回すと肩甲骨のまわりが刺激されます。肩甲骨のまわりには、熱を作り出す褐色脂肪細胞が多く存在しているので、深部体温が上昇するんです」(白濱さん)

そこで、グッスリ眠るために深部体温を上げるストレッチを紹介していただきました。

1.腕を曲げ、脇を開いて肘を上に上げる。
2.そのまま後ろに向かって、大きくゆっくりとグルリと回し、お腹の前で手を組み、前に伸ばす。
3.手を組んだまま、両手を頭の上まで伸ばす。伸ばしたまま2秒ほどキープする。
4.手を下ろしたらまた最初に戻り、肘を曲げて後ろに回す。

この流れを1分間、5〜6回、リラックスしてやるといいそうです。みなさんもぜひ試してみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。