体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WANIMA、きゃりー、yonigeら出演の『unBORDE Xmas Party』開催!

12月23日(祝・土)Zepp Tokyoで、Warner Music Japanのレーベル『unBORDE』のクリスマス恒例ライブパーティー『unBORDE Xmas Party 2017』が開催された。2012年にスタートし、通算6回目となるこのイベント。2017年は同レーベルに所属するあいみょん、きゃりーぱみゅぱみゅ、チームしゃちほこ、yonige、RöE、WANIMAの計6組が出演し、会場を埋めた2,700人のオーディエンスとともに盛大なクリスマスパーティーを楽しんだ。
12月23日(土)@Zepp Tokyo photo by RUI HASHIMOTO (SOUND SHOOTER) (okmusic UP's)

トップバッターはyonige。2017年9月に初のフルアルバム『girls like girls』をリリースした、牛丸ありさ(Vo&G)とごっきん(B&Cho)によるunBORDEニューカマーのロックバンドだ。この日は各地のラジオ局などでパワープレイを獲得した「さよならプリズナー」からスタート。途中ちょっとしたトラブルなどはあったが、エモーショナルな「沙希」、疾走感溢れる「ワンルーム」とメリハリをつけた選曲でバンドの持ち味を伝えていく。内なる感情を熱っぽく鳴らすギター、ドライブするベース、それを支えるサポートのドラム。3人で繰り出すバンドのエネルギーは、初見のオーディエンスにも間違いなく伝わったはずだ。

アーティスト名がアナウンスされた瞬間から、5色のサイリウムがフロアを埋め尽くした。すっかり恒例となったこの光景、2番手はもちろんチームしゃちほこだ。メンバーカラーのサンタ帽とガーリーな白のセットアップで登場した5人は「今日はクリスマスパーティー!私たちから皆さんへ、クリスマスメドレーというプレゼントを贈ります!」と、「クリスマスイブ」などおなじみのクリスマスソングを披露。途中、フロアに向かって赤いブーツから取り出したお菓子をバラまいたり、特大プレゼントをファンに手渡したりと、クリスマスムード全開のおもてなしで盛り上げた。後半は「抱きしめてアンセム」や「JOINT」などのキラーチューンを連発。初めて見た人も思わず巻き込まれてしまう魅力と楽しさが詰まったパフォーマンスで会場をひとつにした。

続いて登場したのは、7月に行われた『unBORDE Summer Xmas Party 2017』に出演し、unBORDEへの所属を発表したシンガーソングライター、RöE。少しだけレトロなムードのメロディーとハードなギターサウンドが印象的な「脱獄計画」でスタートし、「少女の如く、女の如く」ではタンバリンやリコーダーを用いながら愛らしくも力強い歌声を響かせる。彼女のステージを初めて見る人も多かったと思うが、どこかミステリアスな雰囲気のある彼女の佇まいや、子供と大人の間を行き来するような歌声はきっと強く印象に残ったはずだ。この日最後に歌われたのは、先日、ミュージックビデオのティザー映像が解禁となった「泡と鎖」。フレッシュな中にも彼女の芯の強さが伺えるパフォーマンスに、会場からは一際あたたかい拍手が送られていた。

2017年は1stアルバム『青春のエキサイトメント』をリリースし、初のワンマンツアーでも確かな爪痕を残してきたあいみょん。この日も彼女の登場前からたくさんのファンが歓声を送っていたが、1曲目の「憧れてきたんだ」が始まるとフロアの動きがピタリと止まった。彼女の歌に、言葉に、引き込まれているのがよくわかる。2曲目の「生きていたんだよな」でも、彼女の歌が描いていく景色があまりにも鮮やかで身動きが取れないといった様子だ。安易な盛り上がりに逃げない、圧倒的なパフォーマンス。中盤から後半では「2017年一番歌った曲」だという「君はロックを聴かない」やファンキーなビートが色っぽい「愛を伝えたいだとか」などを披露。媚びも群れもしないけど、あいみょんはいつも正直な気持ちを込めた真っ直ぐな言葉を大きな声で歌っている。早くも次のライブが待ち遠しくなるようなパフォーマンスだった。

5番手として登場したのはきゃりーぱみゅぱみゅ。この日は真っ白なコスチュームのダンサー4人を従え、「原宿いやほい」そして「インベーダーインベーダー」からスタートした。MCでは「クリスマスはめっちゃイヤ。このシーズンのみんなの多幸感に耐えられない。幸せってそんなに続くのかなって思っちゃう(笑)」と本音(!?)を漏らす一面も。しかしその後は「つけまつける」と「もったいないとらんど」をクリスマスバージョンで披露し、日本の新たなホリデイ“イースター”をお祝いする爽やかなイースターソング「良すた」までの3曲でパーティー気分をめいっぱい盛り上げてくれた。ラストは「最&高」。この日のみんなの気持ちを表すにふさわしい1曲で華やかに締めくくった。

2017年のトリを務めたのはWANIMA。3月に行われたさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブには10万通もの応募が殺到し、その後は紅白歌合戦への出場も決まるなど、全国にその名を轟かせている3ピースバンドだ。WANIMA仕様に整えられたステージにメンバーが登場すると、割れんばかりの拍手と大歓声!言うまでもなく、1曲目「THANX」からフロア丸ごとの大合唱だ。イントロから歓声が上がった「CHARM」、繰り返される全員参加のジャンプでフロアが揺れた「オドルヨル」など、おなじみのナンバーでジェットコースターのように駆け抜けていく。ドラマ主題歌になった「ヒューマン」は、彼らの新たな一面を引き出した大きな1曲だ。途中のMCでは「僕らがテレビやCMやラジオに出るのは、みんなに音楽を届けたいから。だけど、どんなすごい人と共演してもunBORDEのアーティストが一番かっこいい!」とKENTA(Vo&B)。ノンストップで突入したアンコールは「Hey Lady」。オーディエンスの大合唱とWANIMAのunBORDE愛が溢れたエンディングだった。

なお、2018年はこのunBORDE所属アーティストたちによる全国ツアーが行われることも発表された。どんな顔ぶれでどんなツアーが繰り広げられるのか、続報をお楽しみに!

Photo by RUI HASHIMOTO (SOUND SHOOTER)

■unBORDE オフィシャルHP

http://unborde.com/
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。