体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1930年代のカートゥーンと1980年代のアクションゲームへの狂気に等しい愛情に溢れた大作『Cuphead』

毎年6月にアメリカ・ロサンゼルスにて開催される、世界最大のコンピュータゲーム見本市「Electronic Entertainment Expo(通称:E3)」。今から3年前の2014年、そんなE3で実施されたマイクロソフトのXboxプレスカンファレンスにおいて、大きな注目を集めたインディーゲームがあった。これより紹介するアクションゲーム『Cuphead』だ。
 
image4
 
カナダの独立系スタジオ「Studio MDHR」によって誕生した本作は、実に波乱万丈な経緯を辿ってきた。制作の始まりは2010年。当初は2014年のリリースに向け、マイクロソフトの提供するゲーム開発フレームワーク「XNA Framework」を利用する形で制作が進められていた。

しかし、2014年に「Unity」による制作に転換し、大規模な作り直しを決行。リリース予定も2015年へと延期された。その後、同年のE3にてトレイラーを公開、翌年にはプレイアブル出展を果たすが、デモを遊んだプレイヤーより、ゲーム内容の物足りなさを指摘されたことから、更なる充実化と拡張を目指すのを目的とした延期を実施。
同時にスタジオの設立者でリードデザイナーのChad&Jared Moldenhauer兄弟は仕事を辞め、週末の空き時間を利用する形で進めていた制作体制を日々専念する形に変更。家を抵当に入れて開発資金の捻出も行い、チームの規模を拡大させ、制作を推し進めていった。

そして迎えた2017年9月29日、日本も含めた全世界で本作はXbox One / PC用ソフトとしてリリースされるに至った。2010年の制作開始から単純計算して7年。まさに制作者が(文字通り)身を削る思いで生み出したゲームなのである。

こだわり抜いた手描きグラフィックが映える横スクロールアクション

その内容はシューティング要素の強い、ステージクリア型の横スクロールアクションゲーム。
 
image3
 
魔法の島「Inkwell Isle」。ここに暮らすCuphead、Mugmanの兄弟は祖父の言いつけを破って「Devil’s Casino」を訪れる。ゲームを始めた兄弟は連戦連勝を重ね、資金を増やしていくが、そこにカジノのオーナー「Devil」が現れ、次のゲームに勝てたらカジノにある金品は全部やる、だが負ければお前達の魂をいただくとの賭けを持ちかけられる。
 
image12
 
お金に目がくらんだCupheadはMugmanの忠告を無視し、そのままサイコロを振るのだが、結果としてゲームはDevilの勝利となり、負けてしまう。
 
image10
 
「お願い!魂を奪うのは勘弁して!なんでもするから!」と命乞いする兄弟。Devilはそんな二人にカジノから逃げた債務者達のリストを渡し、奴らの魂を回収してくれば見逃してやろうと提案する。かくして二人は取り立ての旅に出るのだった。

そんなパシリとなったCupheadとMugmanの兄弟を操作し、債務者をしばき倒して「魂(たま)」をぶっこ抜き、Devilから許しを請うのが最終目標だ。なんとも不穏だが、気にしてはならない。
 
image2
 
債務者の魂を奪うということで、本編はボス戦が全体の約8割を占める。基本的にワールドごとに用意されたステージの大半はボス戦で、各所で彼らとの一騎打ちに挑むことになる。
 
image17
 
迫りくる敵を倒しながらゴールを目指す「RUN&GUN」なる正統派のアクションステージもあるが、本作では全体の2割に過ぎない。その点でも、非常に独特な構成になっている。

そして、ここまでのスクリーンショットで明らかな通り、本作は背景からキャラクターに至るまで、1930年代のディズニー作品を髣髴とさせるカートゥーン調のグラフィックで描写されている。
 
image7
 
いや、むしろカートゥーンそのものだ。驚くべきことに各キャラクターの動きは1フレーム単位で手描き、手塗りによって表現されている。その為、一体一体が見せるリアクションは当時のアニメに忠実。文字通りの「動かせるアニメ」を実現しているのだ。

映像周りも当時のカートゥーンを忠実に再現するこだわりに満ちている。
1930年代のカートゥーンと言えば、映写機を用いて撮影されたフィルムを再生する形式が一般的であり、それによってフィルムを動かしている際の音が本編の映像に混じったり、フィルム側に付着したホコリが僅かに映し出されることがある。
 
image6
 
そんな当時特有の弊害をも本作は表現。「ジジジ…」という音が鳴り響いたり、映像の至る所で微かなシミが浮かんだりと、徹底して30年代のアニメらしさを突き詰めている。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。