ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロスジェネ世代における「努力」とは!? 「時代や社会のせいにするのは当たり前」vs「そもそもの努力が足りない」

lostgeneration_01

現在40歳前後は、1990年代に就職氷河期に直面して、30代にリーマンショックに晒されて、常に仕事上のキャリアを形成するのが難しかった世代。「ロスジェネ」と呼ばれる世代でもありますが、同時に個々の経験や価値観が分断されている世代でもあります。

ある『Twitter』ユーザーが次のようににツイート。

ロスジェネ世代って、まさに個人の努力や才能だけではどうにもならないマクロの社会状況で人生台無しにされてるんだから、そりゃ時代や社会のせいにするのは当たり前の話だし、努力してもどうにもならなかったら人間そういつまでも努力し続けられるもんじゃないよ。

それに対して、同年代の別のユーザーが「努力してどうにもならないのは、そもそもの努力が足りないから」と返信。そこから「努力」とは何かといったことから、将来の社会保障の話まで展開されていました。

ほかのユーザーからは、こんな疑問ツイートが。

-y( ´Д`)。oO○(「お前らが報われないのは努力が足りないからだ」)
-y( ´Д`)。oO○(いますよね、そういう人)
-y( ´Д`)。oO○(でもなんで、そういう人が「努力しても報われなかったという人を理解する努力」を放棄しているのか)
-y( ´Д`)。oO○(ぼくは、それがとても不思議だなって)

ロスジェネ世代はそれまでの年功序列が崩れて成果主義が各企業で導入された世代でもあります。それだけに、結果が求められ、それによって報われた人とそうでいない人との格差があるのではないでしょうか。

そのほかに、このような反応も。

しかしわからんのよ。幸福か不幸かって尺度で考えると、わしにはこの人が「努力して結果を出せないお前はクズって言われる環境で育てられ、そこに適応するために頑張った結果、しんどい生き方しかできんくなった」って見えてしまうのよ。不幸ですよそれは。努力信仰と結果を出せという脅しが産んだ不幸

「自己責任厨が職場や家族にいると疎遠になる」「結果のすぐ出る努力ばかりしていると長期的視点が見えなくなる」といった声もあったロスジェネ世代の「努力」の議論。誰しもが自分の努力の成果を成功体験として大事にすべきですが、それを他人にも当てはまると思わない方がよいのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/chronekotei/status/943606947504259072 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。