体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年最も検索された温泉地はココ!上位10温泉のランキングを大発表!

2017年最も検索された温泉地はココ!上位10温泉のランキングを大発表! 銀山温泉

寒い季節に行きたいところといえばどこを思い浮かべますか? スキー場もイルミネーションスポットもいいけど、やっぱり外せないのが温泉ですよね♪ホッと芯から温まる温泉は、癒し効果も抜群! でも、どこの温泉に行ったらいいのか迷っちゃう、というあなたにオススメのランキング、「今年検索された温泉地名ランキング」が阪急交通社から発表されました。早速、順番に見ていきましょう!

記事配信:じゃらんニュース

第1位! 山形県・銀山温泉(ぎんざんおんせん)

銀山温泉

栄えある第1位に輝いたのは、山形県尾花沢(おばなざわ)市にある銀山温泉!銀山川沿いには趣のある木造建築の旅館が立ち並び、そのどこか懐かしさを覚えるような温泉街の雰囲気が大人気。雪が降る季節のロマンチックな情景は、まさにインスタ映えすること間違いなし!

第2位! 神奈川県・箱根温泉(はこねおんせん)

箱根温泉

いわずと知れた大人気温泉地の1つであり、1,200年の歴史がある箱根温泉。「箱根17湯」という多種多様な泉質の17の温泉があり、お手頃価格の宿から高級志向の宿まで様々な旅館が軒を並べます。日帰り入浴ができる施設や足湯など、気軽に温泉を楽しめるうれしいスポットも充実♪

第3位! 群馬県・草津温泉(くさつおんせん)

草津温泉

草津温泉と聞いて思い浮かぶのは、温泉街の中心に位置する「湯畑」。夜になると、ライトアップされた湯畑が暗闇にぼんやりと浮かび上がり、あたり一面はなんともいえない幻想的な雰囲気に包まれます。珍しい湯もみ体験や、無料の共同浴場も外せません!

第4位! 兵庫県・有馬温泉(ありまおんせん)

有馬温泉

日本最古の温泉であり、草津温泉と並ぶ日本三大名湯の一つ、有馬温泉。その独特の赤茶色から別名「黄金の湯」とも呼ばれている金泉、そして飲める温泉としても知られている銀泉の2種類の温泉が楽しめます♪

第5位! 群馬県・万座温泉(まんざおんせん)

万座温泉

美しい乳白色の濁り湯が特徴の万座温泉。なんと、冬でも車で訪れることのできる最高所(標高1,800m)の温泉地なんです。豊富な湧出量を生かした、源泉かけ流しの温泉宿が多数!強い硫黄の香りと噴き出す蒸気で、温泉地ならではの雰囲気をたっぷり味わえます♪

第6位! 兵庫県・城崎温泉(きのさきおんせん)

城崎温泉

城崎温泉は、1,300年も前に開湯された歴史ある温泉地。そんな城崎温泉の名物といえば、なんといっても「湯めぐり」です! 「一日入浴券」があれば、城崎温泉にある7つの外湯に一日何度でも入浴できちゃいます。浴衣姿でのんびり湯めぐりを楽しみたいですね♪

第7位! 静岡県・熱海温泉(あたみおんせん)

熱海温泉

1,500年もの歴史がある熱海温泉。徳川家康が愛した温泉と言われており、その名にちなんだ熱海駅前の足湯「家康の湯」は多くの観光客が訪れる人気スポット。世界的な照明デザイナーの石井幹子さんが手掛けた熱海サンビーチの砂浜ライトアップは必見!

第8位! 栃木県・鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)

鬼怒川温泉

栃木県日光市にある鬼怒川温泉。その歴史は江戸に始まり、江戸、会津若松間を結ぶ会津西街道の宿場町でした。泉質は無色透明で無味無臭の単純温泉、そのなめらかで優しい肌触りが人気です♪名物のゆば料理や金谷ホテルベーカリーなどグルメスポットも充実!

第9位! 大分県・由布院温泉(ゆふいんおんせん)

由布院温泉

環境省が指定する国民保養温泉地にも指定されている由布院温泉。豊富な湯量を生かした、厳選かけ流しの本格的な温泉宿が数多くあるのが嬉しいところ!温泉街にはたくさんのお店もあって、食べ歩きのお楽しみも♪由布院温泉のシンボルともいえるのが、約50分で温泉街周辺を一周りする「観光辻馬車」。お馬さんと一緒に記念撮影もいいですね♪

第10位! 愛媛県・道後温泉(どうごおんせん)

道後温泉

夏目漱石の「坊ちゃん」の舞台として広く知られている道後温泉。3,000年の歴史を誇る温泉で、なんとあの「日本書紀」にも登場しているというからビックリ! 道後温泉のシンボルといえば、なんといっても国の重要文化財にも指定された「道後温泉本館」。情緒たっぷりの「霊(たま)の湯」と「神の湯」の浴室は外せません。外湯文化があり、日帰り温泉や足湯の他、手湯も楽しめます♪

【まとめ】

まさに冬本番、温かい温泉が恋しい季節です。仲間と家族と、大好きな人と一緒に人気の温泉スポットを訪れて、身も心もホッカホカにしちゃいましょう♪

情報提供元:阪急阪神ホールディングス

※この記事は2017年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【羽田空港】新商品でマンネリ解消!帰省に絶対喜ばれる最新お土産7選
この冬一番の甘い思い出を神戸で♪チョコレートとイチゴが贅沢に味わえる3日間

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。