ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本格ぬりえになった「皇居」の天井画

本格ぬりえになった「皇居」の天井画

かつての皇居を飾った天井画が、「季節のぬりえ帖」となりました。

空襲を生き延びた
是真の「下絵」

明治20年(1887年)に造営され、戦前まで使われた皇居の明治宮殿。その一室「千種之間(ちくさのま)」を飾った植物画の下絵から30点が選ばれ、「皇居を飾った柴田是真の植物画 季節のぬりえ帖」がつくられました。

書名にもある通り、この植物画を描いたのは、幕末・明治期に蒔絵師として活躍した柴田是真(ぜしん)。彼は、漆工芸と絵画の両分野で卓越した造形センスと技術を発揮し、おしゃれな江戸の町人に愛好されました。そして、近年の日本美術・明治工芸ブームの中で、最も注目を集める作家のひとりでもあります。本格ぬりえになった「皇居」の天井画

明治宮殿は、第二次世界大戦末期の空襲で、焼失してしまいました。そのため、この天井画を直接見ることは二度とできません。ですが幸いにも、下絵だけは焼失せずに残っていたのです。現在、東京藝術大学が保管しており「藝大コレクション」の中でも、人気の作品となっています。

時を経ても、守られ受け継がれる是真の作品。彼が描き、開花する季節順にぬりえ帖に配置された植物画で、日本の四季を感じながら、大人向けの本格ぬりえを楽しむことができます。本格ぬりえになった「皇居」の天井画

さくら

本格ぬりえになった「皇居」の天井画

やまぶき

本格ぬりえになった「皇居」の天井画

かきつばた

本格ぬりえになった「皇居」の天井画

こちらは、「ぬりえページを右側に統一」「ぬりえページのすぐ向かいに、お手本ページを配置」「大きく開いても背が割れにくい製本」など、ぬりやすさを追求しているのも特長。

自分用だけでなく、贈答用としてもおすすめです。本格ぬりえになった「皇居」の天井画

【書名】
皇居を飾った柴田是真の植物画 季節のぬりえ帖
【発行元】
 株式会社青月社(せいげつしゃ)
【定価】
本体価格1,400円+税
*ご購入はこちら

Licensed material used with permission by 株式会社青月社

関連記事リンク(外部サイト)

自分でデザインしたワンピースを着てみない?
「ベルサイユ宮殿」にホテルとレストランがオープン!料理に腕をふるうのはアラン・デュカス氏
水彩画のように描ける「透明クレヨン」が欲しい・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。