体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最安片道170円で行ける絶景って…?東京メトロ沿線の知られざる絶景スポット9選【東京】

最安片道170円で行ける絶景って…?東京メトロ沿線の知られざる絶景スポット9選【東京】 根津神社

インスタ映えする写真を撮りたい…!でも郊外に時間をかけて出かけたり、人気のお店に長時間並ぶのは辛い…。という方に朗報です!

なんと、東京の都心にもみなさんが知らない絶景スポットが実はたくさんあるんですよ!

今回は最安170円から行ける、東京メトロ沿線の都内絶景スポットを9つご紹介いたします。

記事配信:じゃらんニュース

東京にも、こんな景色があったんだ。と思える絶景9選

1.荒川河川敷のマジックアワー (丸ノ内線 東京駅から200円)

荒川河川敷

北千住駅から徒歩15分の千住新橋。ここにぜひ、晴れた日の夕方に訪れてみてください。

マジックアワーには、日本最大の川幅を誇る荒川の水面や、その上に大きく広がる空が一面真っ赤に染まります。

都会の喧騒から離れた幻想的な時間を過ごせますよ♪ 荒川新橋

住所/東京都足立区千住5

アクセス/日比谷線・千代田線北千住駅より徒歩15分

2.カトリック麹町協会聖イグナチオ協会のステンドグラス (日比谷線 六本木駅から170円)

トリック麹町聖イグナチオ教会

まるで海外に来たかのような、美しい協会のステンドグラスを眺めるならこちら。

螺旋階段の壁に沿ってはめられた7枚のステンドグラスは、光の差し込みによって色合いが変化し、その美しさは息をのむほど。

この7枚の他にも様々なところにステンドグラスがあるので、ぜひそれぞれのストーリーも味わってくださいね。 カトリック麹町協会聖イグナチオ協会

住所/東京都千代田区麹町6-5-1

アクセス/丸ノ内線・南北線四ツ谷駅より徒歩1分

3.100年以上の歴史、旧岩崎邸庭園 (銀座線・半蔵門線・副都心線 渋谷駅から200円)

旧岩崎邸庭園

鹿鳴館などを手掛けたジョサイア・コンドル氏の設計により、1896年に岩崎久彌氏の本邸として建てられた洋館。

17世紀の英国ジャコビアン様式の装飾や、英国・ルネサンス様式やイスラム風のモティーフなどがある館内も見応え十分。

横に併置された和館との巧みなバランスも楽しめます。 旧岩崎邸庭園

住所/東京都台東区池之端1

アクセス/千代田線湯島駅より徒歩3分

4.都心に広がる広大な庭園、新宿御苑 (丸ノ内線 東京駅から200円)

新宿御苑

周囲3.5kmの広大な敷地にはイギリス風景式庭園、フランス式整形庭園、日本庭園を巧みに合わせた庭園と約1万本の木々たちがあり、都会の真ん中であることを思わず忘れてしまいます。

季節によって色とりどりのお花、新緑、紅葉などが楽しめるのも魅力ですね。 新宿御苑

住所/東京都新宿区内藤町11

アクセス/丸の内線新宿御苑前駅より徒歩5分

5.東京カテドラル聖マリア大聖堂の荘厳な空間 (丸ノ内線 東京駅から170円)

東京カテドラル聖マリア大聖堂

「世界のタンゲ」ことタンゲ健三氏によるユニークな設計が特徴のこちらの教会。

高さ39.4mの天井は大十字架を形作り、外装のステンレス張りの輝きはキリストの光をイメージしているそう。

一切柱の無い荘厳な空間は、50年以上人々を救う場として存在し続けています。 東京カテドラル聖マリア大聖堂

住所/東京都文京区関口3-16-15

アクセス/有楽町線江戸川橋駅より徒歩15分

6.名主の滝公園の男滝 (日比谷線 六本木駅から240円)

名主の滝公園

かつて「王子七滝」と呼ばれる7つの滝があったという王子付近。

現存している唯一の滝が、名主の滝公園にある高さ8mの迫力のある男滝だそう。

東京にも、思い立ってすぐ行ける距離にこんな滝があったんですね! 名主の滝公園

住所/東京都北区岸町1-15-25

アクセス/南北線王子駅より徒歩10分

7.根津神社の鳥居 (銀座線・半蔵門線・副都心線 渋谷駅から200円)

根津神社

東京十社のひとつである根津神社で目につくのは、境内乙女イナリ道のはるか向こうまで幾重にも重なり立つ赤い鳥居たち。

このご利益がありそうな赤いトンネルをくぐり抜けると邪気が祓われると言われており、災厄除け・縁結び・商売繁盛・合格祈願などのご利益があるんだそうです。 根津神社

住所/東京都文京区根津1-28-9

アクセス/千代田線根津駅より徒歩5分

8.次世代のランドマーク、木材会館 (丸ノ内線 新宿駅から240円)

木材会館

たくさんの木材が組み合わされた迫力ある建物は、なんと東京木材問屋組合のオフィスビル!

創立100周年の記念事業として建築されたこちらは、ビル全体で9種の木材が使われているそうです。

外観だけではなく、一部内観も事前に予約すれば見学可能なので、次世代のランドマークを中からも体験してみてくださいね。 木材会館(東京木材問屋協同組合)

住所/東京都江東区新木場1-18-8

アクセス/有楽町線新木場駅より徒歩4分

9.六義園の四季折々の自然 (日比谷線 六本木駅から240円)

六義園

小石川後楽園と並び、江戸の二大庭園と呼ばれたのがこの六義園。

庭園中央に中の島を有する大泉水がある「回遊式築山水庭園」で、現在は国の特別名勝に指定されています。

春には桜やツツジ、夏にはアジサイ、秋には紅葉…と四季折々の自然が楽しめます。 六義園

住所/東京都文京区本駒込6-16-3

アクセス/南北線駒込駅よりより徒歩7分

まとめ

都心からすぐの場所に、実はこんなにもたくさんの絶景スポットがあったんですね。

ぜひフォトジェニックな写真を撮りに、お出かけしてみてくださいね♪

※各駅からの料金はきっぷの大人料金です

情報提供元:東京地下鉄株式会社

※この記事は2017年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

ジュエリースイーツがテーマのブッフェが登場♪新年はホテルでいちご狩り!【大阪】
冬の夜に耀きを放つ!フォトジェニックな「冬灯り」イベント2017-2018【東日本】

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。