体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「本の発売に合わせての売名行為かよ」 セクハラを告発したはあちゅうさんの新著告知ツイートに批判殺到

ha_chu00

著名ブロガーのはあちゅうさんが、電通時代のパワハラ・セクハラを告発したことの波紋が広がっている。

12月17日に『BuzzFeed Japan』にて告発記事が公開され、翌18日にはテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」にて


人気女性作家”カリスマ広告マン”からセクハラ被害

と大々的にとりあげられていた。
その一方で、はあちゅうさん自身の過去の発言において問題が数多くあったのでは? という声もあがり炎上状態となり、19日、はあちゅうさんは謝罪を行う。

参考記事:はあちゅうさん「こんなにも『言われて嫌だ』と思う人がいると全く思わなかったのですが」 過去の”童貞いじり発言”を謝罪
https://getnews.jp/archives/1999582[リンク]

そして12月20日には、はあちゅうさんの新著「『自分』を仕事にする生き方」が発売となり、同日『Twitter』(@ha_chu)で告知ツイートを行った。


応援ツイートも寄せられたものの、

「これまでのがこれを売るために、、? 嫌いです 」
「#metoo という非常に意義のある活動を、自著を売るために利用していると感じました。」
「タイミングがニュートラルな目線であってもゲスすぎますw いやぁ、この世界怖いな!!」
「全てはこの本を売るための炎上商法じゃねーかよ。 」
「きのう謝罪とか言っといて翌日にセールスとかありえない。反省してないだろ 」

といった、批判ツイートも殺到。

『Amazon』にも批判レビューが寄せられ、同日夕方はあちゅうさんは雑談アカウント(@bot_hachu)にて


やっぱりこうなってしまうんだな…
わかっていたけど正直心がとても苦しいです今

とツイート、

自分の出世、名声獲得のために簡単に股を開き、時には友人を騙し生贄として差し出す糞女の書いた本です。

というレビューのスクリーンショット画像をアップした。

こちらのツイート対しては、応援の返信が比較的多かったようだ。また、スクリーンショットの当該レビューは21日お昼の時点で『Amazon』のページから削除されているようである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy