ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女優、山本舞香インタビュー「やりたいことをわざわざ見つけなくていい。いつ、何が楽しくなるかわらかないから」

女優、山本舞香インタビュー「やりたいことをわざわざ見つけなくていい。いつ、何が楽しくなるかわらかないから」 s_171129_y_113

思わず目を惹く透明感を持つ女優、山本舞香さん。第14代三井のリハウスガールでデビュー後、現在は女優活動も目覚ましく、映画『未成年だけどコドモじゃない』にも出演。そんな山本さん、実は演技の仕事は嫌でしょうがなかったとか。そんなマイナスの想いがプラスになった理由や仕事観、そしてやってみたいアルバイトについても聞いてみました。

演技の仕事はとにかく嫌でしょうがなかった

s_171129_y_005

――山本さんは「美少女図鑑」というフリーペーパーに掲載され、現在の事務所の方の目に留まってこの世界に入ったそうですが、最初から芸能界に興味はあったんでしょうか?

まったくなかったです。(笑)当時、まだ中学生でしたし、芸能界に入るなんて考えたこともありませんでした。でも、せっかく声をかけてもらえたので、とりあえずやってみるか、ぐらいの気持ちで。

――そこからモデル活動を経て、女優への道を着実に進んでいますが、女優になりたいと思っていたんでしょうか。

それもまったくなくて(笑)。正直に言うと、最初、演技のお仕事は嫌で仕方がなかったんです。「なんで、こんなことしないといけないんだろう…」という気持ちが強くて。あまりに自分と違うタイプの役だと「気持ちがまったくわからない!」となり、余計、嫌になってしまったり。

今振り返ると、そのときはスカウトされてなんとなく芸能界に入って…と自分の意志があまりないまま動いていたからだと思います。

――それでも、オーディションは受けていたんですね。

唯一、楽しかったのがオーディション。受かると達成感を得られたんです。他にもたくさんオーディションを受けた人がいるのに、その人たちの中で一番になることができた! と単純に嬉しかったんですよ。学校では得ることができない充実感があって。

自分と似た役を演じたとき、初めて演技を「楽しい」と思えた

s_171129_y_068

――女優の仕事が楽しくなってきたのはいつ頃ですか。

これも正直に言いますと、ここ1、2年ぐらいです。

――結構、最近ですね(笑)。何かきっかけはあったんでしょうか?

ある映画作品で自分と近いタイプの役がきて。高校生の役なんですが、女子グループのリーダー的存在で、あまり自分からは積極的に友人と接しないけど、いじめられている子を頼られたら全力で助けてあげる、という性格で。私自身は高校生のときはグループに属せず、ひとりでいることが多かったんですけど、実際にいじめられている子を助けたこともあったし、友達の相談にのってあげることも多かったので。

台本を読みながら、なんとなく自分と似ているなとは思ったんですが、実際に演じてみたらスッと役に入れて。こんなこと初めてだったので本当に驚きました。そのときに、「演技って楽しい」と思えたんです。「こんな動きにしてみよう」とか「セリフの強弱をこうつけてみよう」といろいろ自分で考えるようになって。そうするとますます楽しくなったんです。

――これまでどこか「やらされている」と思っていたのが、自発的に「やってみよう」と考えるようになったら、楽しくなったのかもしれませんね。

きっとそうだと思います。演技って台本を読んでいても、まったくイメージがつかなくて実際に動かないとわからないことが多い。だから、やってみてしっくりきたこの感覚は忘れられないんです。そこから、演じることが断然、楽しくなりました。

――最新出演映画『未成年だけどコドモじゃない』では平祐奈さん演じるヒロインが恋する、尚(中島健人)さんの元カノ、沙綾を演じていますね。

『未成年だけどコドモじゃない』は漫画原作なので、まずは原作を読み込んで沙綾がどんな女の子なのかを頭に入れました。全体のディティールもしっかり理解して撮影に挑みました。

――演技が苦手だった時代とは、まったく取り組み方が違いますね(笑)。

もちろん!(笑)。今は取り組み方も考え方もまったく違います。今回、沙綾が登場するファーストシーンでお皿を落とす場面があるんですけど、どう落とせば観ている方に印象を残せるか、監督と話し合いながら何度も練習しました。自分から演技に対して意見を言うようになったのも、大きな変化だと思います。

――今作は「イケメンでクールな先輩」と「いつもそばにいてくれる優しい幼なじみ」、2人の男性の間でヒロインが揺れるラブストーリーですが、山本さんだったらどちらに惹かれますか?

私、友達を恋愛対象として見ることはないんです。友達は友達。好きな人は好きな人。だから幼なじみに恋をすることはないですね。

目標に進むより、苦手なものが好きになった、ぐらいで人生は楽しい

s_171129_y_106

――お話ししていて思うんですけど、山本さんは自分の意志をしっかり持って、きちんと話される性格ですね。先程、「高校時代はひとりでいることが多かった」と言っていましたけれど、それも自分の意志での判断ですか?

ひとりでいるからって友達がいないわけじゃないですよ(笑)。ただ、基本的に用心深い性格なので、浅く広い付き合いができなくて。でも、仲良くなると毎日、一緒にいるほど深い付き合いをします。用心深いからこそ、人のことをよく見ていますね。そのうえで仲良くなれるか考えます。

自分の意志はある方だと思いますが、これからの夢とかやりたいこととか、はっきりした目標を持って生きているタイプではないです。

――まさに今、それを聞こうと思っていました(笑)。夢を叶えるコツとか、やりたいことを見つける秘訣とか。

私自身が夢や、やりたいことがないので答えられないです。ごめんなさい。でも、必ず見つけることもないんじゃないでしょうか。私みたいに苦手だったものが、好きになるぐらいで十分、楽しく生きていけると思いますし。何が楽しくなるなんてわからないですから、とりあえず何かやってみればいいんじゃないかと思います。

あ! やってみたいことありました。アルバイトです!

今、やってみたいことは…アルバイト!

――フロムエー的な回答、ありがとうございます(笑)。

いえいえ、狙ったわけじゃないですよ(笑)。私、アルバイトは一度もしたことがないので経験したいんです。ずっと芸能のお仕事しかしていないので、違うことをやってみたい。

――どんなアルバイトをしたいですか?

コンビニのレジ打ち! もしくはスーパーのレジ打ち! レジをひたすら打ちたいです。商品のバーコードを「ピッ」ってスキャンするのがすごく好きで。最近、セルフレジが多くなってきたので、すごく楽しい。でも、自分の分しかできないから、人の分までやってみたいです(笑)。

 

🎁 山本舞香さん 🎁

サイン入りチェキをプレゼント!! チェキ写真

🎁 プレゼント内容 🎁

記事公開を記念して、山本舞香さんサイン入りチェキを、抽選で2名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

☑応募方法

1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

🕒キャンペーン開催期間

2017年12月21日(木)〜2017年12月27日(水)23:59 まで

対象のツイートはコチラ

映画『#未成年だけどコドモじゃない』にも出演する #山本舞香 さんにインタビュー!https://t.co/J5mPVrvT6Z

✅嫌だった演技の仕事が楽しくなったきっかけは?

✅今やってみたいことは…アルバイト!?

✅プレゼント情報もあるよ😍

⬇️詳細は画像から⬇️@maika_style #美少女図鑑 #フロムエーしよ

— フロムエー /バイト探しはフロムエー (@fromafroma) 2017年12月21日

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。

 

 

■Profile

山本舞香(やまもと・まいか)

1997年10月13日生まれ、鳥取県出身。2011年『それでも、生きていく』で女優デビュー。2015年映画『桜ノ雨』で映画初主演。2017年は、ドラマ「やすらぎの郷」、映画『ひるなかの流星』『ブルーハーツが聴こえる』他。『王様のブランチ』にレギュラー出演中。現在、Huluで配信中の「漫画みたいにいかない」が、1/10~NTVでもOAされる。

■映画情報

s_pr

『未成年だけどコドモじゃない』

2017年12月23日全国ロードショー

世間知らずなお嬢様、香琳(平祐奈)は学校で一番のイケメン、尚(中島健人)にひとめぼれ。16歳の誕生日、両親からプレゼントされたのは尚との結婚だった。しかし、尚の冷たい態度や尚の元カノ、沙綾(山本舞香)の出現、そして、幼なじみの五十鈴(知念侑李)との三角関係も勃発し、香琳の恋は動き出す。

取材・文:中屋麻依子 撮影:曽我美芽

関連記事リンク(外部サイト)

俳優、アーティスト 北村匠海さんインタビュー「仕事で出会った仲間が僕を変えてくれた」
アーティスト・田中俊介(BOYS AND MEN)インタビュー 『メンバー全員が“楽しもう”という精神で取り組んでいるから前に進める』
【憧れシゴト図鑑】 [Alexandros]、SILENT SIREN、ポルカドットスティングレイほか、人気アーティストのMVを手掛ける映像監督・かとうみさとさんインタビュー

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。