ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【DAOKO インタビュー】活動の軌跡と進化を示す2ndアルバム

8月にリリースした「打上花火(DAOKO × 米津玄師)」によって一層たくさんのリスナーに支持されるようになったDAOKOが、約2年9カ月振りとなるフルアルバム『THANK YOU BLUE』を完成させた。1stシングル「ShibuyaK / さみしいかみさま」から4thシングル「ステップアップLOVE」までの曲を多数収録したベスト盤的な側面を持ちつつ、新曲も異彩を放っている。
 (okmusic UP's)
「 今作を語る上で、まず押さえておくべきなのは、彼女のキャリアの出発点となったニコニコ動画へのラップの投稿、通称“ニコラップ”だろう。そして、この点を踏まえた上で改めて実感させられるのは、彼女に対して“ヒップホップアーティスト”という呼称はまったく当てはまらないということだ。言葉を淀みなく放射し、想いをあふれ返らせる歌唱法は、紛れもなく“ラップ”。しかし、ブラックミュージック的なフィーリングを帯びているわけではなく、あくまで歌声を響かせるための手法としてラップを用いているところがDAOKOの音楽の独特さの一面であり、豊かな表現力を生む重要な武器にもなっていることが、このアルバムを聴くとよく分かる。

 例えば「ステップアップLOVE(DAOKO × 岡村靖幸)」は、まさに彼女のラップの特性を示す好例ではないだろうか。ファンキーでソウルフルな色合いに満ちた岡村靖幸の歌声と融合することによって、彼女のラップが持っている“和的情緒”と言ってもいいくらいの雅な質感、瑞々しさが鮮やかに浮き彫りにされている。現在20歳の彼女の幼年時代にはラップはJ-POPのメインストリームに完全に浸透していたはずであり、ブラックミュージック的なフィーリングと結び付けてとらえる歌唱法ではないのだろう。ポエトリーリーディングを駆使したりもしつつ、想いを届けるための手法を的確に使い分けるスタイルは、これからも彼女の音楽を支える重要な柱となっていくに違いない。

 そして、DAOKOの音楽を聴いて、やはり何と言っても印象に残るのは、あの独特なウィスパーヴォイスだ。“ウィスパーヴォイス”とは言うまでもなく“囁き声”であるが、彼女のそれは“小声”や“か細い声”にまったく該当しない。むしろ、深い情感を伴った力強い声として迫ってくるのが、特筆すべきところだろう。「ダイスキ with TeddyLoid」には、このような部分が分かりやすく表れている。音圧の強いシンセサイザーや骨太なビートが躍動する中、彼女のウィスパーヴォイスが凛々しく響き渡るさまがスリリング極まりない。その他、SONYワイヤレスヘッドホン『h.ear』シリーズタイアップソングとしてお馴染みの「同じ夜」も、彼女のウィスパーヴォイスが冴え渡っている曲として挙げておきたい。

 このような今作についてさらに付け加えるならば、各曲の根底に脈打つ生々しい同時代感覚にも注目させられるという点だ。DAOKOと同じように2017年の世の中で暮らしている我々にとって、このアルバムに収録されている各曲は、決してファンタジーではない。“この感覚には覚えがある!”と思わずハッとする瞬間を、おそらく多くのリスナーが随所で噛み締めるのではないだろうか。膨大な情報が飛び交い、物質にもあふれた世界の中で暮らしていながらも、どこか満たされなさを抱えたまま漠然と日々を送り、悩んだり、迷ったり、笑ったり、泣いたり、時には開放的に歌ったり、踊ってもみたり…多彩な感情と行動を複雑に絡ませ合いながら生きているのが、この世で暮らす人々の大半だと思う。そんな我々と自然と重なり、共鳴を生み、美しい色合いも添えてくれるのが、このアルバム『THANK YOU BLUE』に収録されている14曲だ。

 DAOKOは11月からライヴツアー『THANK YOU BLUE』をスタートさせている。日本国内の6カ所6公演の他、韓国と台湾公演も含むこのツアーは、彼女の進化をさらに加速する機会となるだろう。たくさんの観客と音楽を共有し、想いを交わし合う経験を重ねながら、また新しい何かを掴んでいくのだと思う。今後の彼女の活動も楽しみだ。」
文:田中 大
アルバム『THANK YOU BLUE』
2017年12月20日発売

TOY’S FACTORY

【初回限定盤(DVD付)】

TFCC-86624 ¥3,888(税込)

【通常盤】

TFCC-86625 ¥3,024(税込)

『Cygames presents DAOKO TOUR 2017-2018

“THANK YOU BLUE”』
1/05(金) 台湾・高雄 LIVE WAREHOUSE

1/06(土) 台湾・高雄 LIVE WAREHOUSE

1/11(木) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
DAOKO
ダヲコ:1997年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、12 年に1stアルバム『HYPER GIRL- 向こう側の女の子 -』を発売。17年4月より公開されたTVアニメ『神撃のバハムートVIRGIN SOUL』のエンディングテーマを担当し、8月公開の映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌「打上花火」では 米津玄師が作詞・作曲・プロデュース、さらに10月発売の4thシングル「ステップアップLOVE」は作曲・編曲・プロデュースを岡村靖幸が手掛けるなど注目を集めた。そして、12月には待望のフルアルバム『THANK YOU BLUE』をリリースした。

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。