体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結婚するなら若いうちから出会いの選択肢を広げておこう by 斗比主閲子

結婚するなら若いうちから出会いの選択肢を広げておこう by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。

突然ですが、次の表を見てください。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171215224847p:plain

こちらは、内閣府の平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書からの引用で、現在結婚していない理由を未婚の20代~30代の男女に質問した結果です。こちらから何が分かるでしょうか。

20代で結婚するのは”若すぎる”が

30代になると出会いの問題が出てくる

性別年齢に関わらず1位なのは「適当な相手にめぐり合わないから」です。これは出会いの問題といえますね。次に多いのは若干バラけるものの、「(独身の)自由や気楽さを失いたくないから」でしょうか。その次は、「結婚後の生活資金が足りないと思うから」ですが、これは男性に多いですね。

男女で色々違うんだなと思いつつ、さらによく見てみると同じ男性・女性の中でも、20代と30代で大きく数字が異なっているものもあります。その代表的なものが、先ほども紹介した「適当な相手にめぐり合わないから」と、他に「まだ若すぎるから」という理由です。

20代の男女の3~4割は結婚するのにまだ若すぎると思っているのに、30代になるとほぼ0になります。一方で、適当な結婚相手に出会えないのは、20代の男女の4~5割であるものの、30代になると7割ぐらいまで上がります。組み合わせれば、結婚するのに年齢的には問題なくなった30代になると、出会いの問題が出てくると考えられます。

結婚相手を紹介してほしい人は5割。女性の30代は6割にも

次のグラフも同じ報告書からの引用となります。結婚相手を紹介してもらいたいかを質問したものです。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171215225301p:plain

先ほどの結果から男女ともになかなか良い人に出会えないと思っているわけですから、当然といえば当然であるものの、結婚相手を紹介してほしい人は男女ともにどの年代でも5割以上になっています。

ちょっと特徴的なのが、30代の女性です。20代の女性より10%多く6割の人が結婚相手を紹介してほしいと考えていることが分かります。男女ともに30代になると出会いの問題を感じる人が多い一方で、30代の女性に比べると30代の男性は紹介してほしいと思う人が増えていません。

理由は分かりませんが、30代の女性は出会いの問題を解決するのにできるかぎりの努力をしようとしているということでしょうか。

若いうちから出会いの選択肢を広げておこう

こういう統計をみると、自分が結婚する可能性があるなら、どう振る舞ったらいいかのヒントになります。

どの性別・年代でも出会いに問題を抱えている人が多く、周りに紹介して欲しいと考えているのだとしたら、普通に、何も対策をしないで生活をしていて、結婚相手に出会うことは難しいかもしれないということです。特に、女性の30代となると紹介して欲しいと考える人が増えるわけですから、単に年齢だけで区切れば、女性の30代は競争が激しい可能性が大いにありえます。

今はまだ結婚する気がない人でも、いざ結婚をしようとするとなかなか出会いはなく、競争も激しくなるということであれば、若いうちから対策をするのが有効になります。例えば、出会いの選択肢を広げるとかですね。

出会いの場所は異性が多く同性が少ない場所を選ぶ

出会いの選択肢を広げるといっても具体的にはどうすればいいでしょうか。自分が好きな趣味があるのなら、その趣味に関連する社会人サークルに入るというのは有効な手段です。

私が個人的にお勧めしたいのは、異性が多く同性が少ない組織に参加することです。ほら、工業高校や理系の大学だと女子が少なくてモテるというのがありますよね? ああいう状況に意識的に自分を置くわけです。

例えば、男性であれば社交ダンスサークルが挙げられます。社交ダンスは男女がペアにならなければならないものの、男性の数が慢性的に不足しているため、常に男性競技者への需要があります。もちろん競技者としての需要であって、恋人としての需要ではありません。ただ、普段から男性が少ないという状況であれば、出会いに繋がる可能性は大いにありえます。

女性向けだとサバイバルゲームや釣りのサークルでしょうか。男女比が大きく男性に偏っているため、女性ということだけでチヤホヤされるところはあります。あまりやりすぎるとサークルクラッシャーみたいになっちゃうので気をつけたほうがいいですが。

ここで紹介したのはあくまで一例です。みんなが出会いに困っていて、みんなが誰かに紹介して欲しいという状況では、みんなと同じようなことをしていても苦労することになります。

結婚するつもりがあるのなら、他の人よりも早く動く、ちょっと違う出会いの機会を探してみるというのが私のお勧めです。 前回の記事:「相手からお断りされた!」のは自分が悪いのではなく相性が悪かっただけ by 斗比主閲子

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170705211917j:plain

著者:斗比主閲子

プロフィールは『1976年10月3日生まれ、福岡県出身。旧帝大卒業後、一部上場の家電メーカーに就職。外資系含めて何度か転職した後、現在は某企業のIR部門に所属。2.5世帯住宅で、X人目の子育て中……』ということになっています。家庭内トラブルが好物です。

著書:独身男女の悩みにバッサリ回答した『 私って、甘えてますか?』

ブログ:斗比主閲子の姑日記 http://topisyu.hatenablog.com/

Twitter:topisyu https://twitter.com/topisyu

この作者の過去記事

斗比主閲子

斗比主閲子さんの

過去記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

結婚前の彼氏と大喧嘩。そこで別れずに上手くいったわけ by まる美
婚活パーティーで知り合った男性が実は◯◯だった!私の婚活トホホ体験談 by とあるアラ子
【例文つき】婚活男子のやる気を削ぐLINEのNG例 by おおしまりえ

ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。