ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大森靖子×TK from 凛として時雨2マン【TOKYO CUTTING EDGE vol.00】大盛況で幕

大森靖子×TK from 凛として時雨2マン【TOKYO CUTTING EDGE vol.00】大盛況で幕

 大森靖子とTK from 凛として時雨による2マンライブ【TOKYO CUTTING EDGE vol.00】が、2017年12月14日に恵比寿 ザ・ガーデンホールにて開催された。

 新たな音楽イベント【TOKYO CUTTING EDGE】の初回となった同公演は、今年8月9日に大森靖子がリリースしたシングル『draw(A)drow』のプロデュースをTK from 凛として時雨が手掛けたことがきっかけで実現。 ボーカリストとしての抜群の説得力と表現力、そして観る人を引き込むほどの力強くエネルギー溢れるライブパフォーマンスで、どんなシチュエーションでも圧巻のライブをこなす唯一無二のアーティスト大森靖子と、凛として時雨のVocal&Guitarで同バンドの楽曲の全作曲、作詞、エンジニアリングを担当し鋭く独創的な視点で自らの音楽を表現するアーティストTK from 凛として時雨という、これまでなかなか見ることのできなかった魅力的な2マンライブということもあり、当日会場には多くのファンが来場した。

 先に登場した大森靖子は、前半アコギのみでの弾き語りを披露、途中には凛として時雨のカバーを織り交ぜつつ、アコギをかき鳴らしながらの歌唱でオーディエンスを引き込むと、一転後半からのバンド編成では緩急をつけた多彩なステージングで会場を盛り上げた。

 続いて登場したTK from 凛として時雨は、クラシカルなバンド編成から奏でられる幻想的なサウンドで会場の雰囲気を一変させると、約1時間を駆け抜けオーディエンスを魅了。両アーティストともにワンマンショーに引けを取らないパフォーマンスを披露し、終演後には鳴り止まない拍手で会場中が包まれた。

関連記事リンク(外部サイト)

大森靖子×TK from 凛として時雨2マンのゲストDJ決定! 来場者全員に限定ステッカープレゼント
大森靖子、ニューアルバム『MUTEKI』12月アナログ盤リリース決定
銀杏BOYZ×大森靖子が遂に初共演! 孤高の“男と女”が真正面からぶつかり合う

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。