ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリスマスをロマンチックにしてくれる!洋楽女性シンガー5曲

元来クリスマスはファミリーの家庭で集うイベントですが、日本では恋人たちが主役。だから、クリスマスまであと1週間に迫った今週は恋人たちが1年でもっともざわめく季節のピークを迎えていることでしょう。大好きな人とロマンチックに過ごしたいと考えてプレゼントを選んだり、レストランの予約をしたりと、あれこれ忙しい人も多いはず。そこで今回は『クリスマスをロマンチックにしてくれる! 洋楽女性シンガー5曲』をご紹介します。
ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲 (okmusic UP's)
「Baby It’s Cold Outside」(’09)/Norah Jones and Willie Nelson

定番中の定番であるクリスマスのスタンダードナンバー「Baby It’s Cold Outside」における最高デュエットと名高いこの作品は、グラミー賞のヴォーカルとのベスト・ポップ・コラボレーション部門にノミネートされました。この曲は多くのミュージシャンによって歌い継がれてきており、古くはDinah ShoreとBuddy Clarkや、 Ella FitzgeraldとLouis Jordan、2000年に入ってからはDolly PartonとRod Stewartのバージョンも記憶に新しく、パロディー版などもリリースされているので、パートナーとふたりで一緒にいろいろなバージョンを聴き比べて、好みのものを探してみても楽しいでしょう。帰らなきゃと言う女性をなんとか引き止めたい男性との駆け引きを歌ったこの曲のように、甘〜いクリスマスを過ごしたいカップルにお薦めです。
「Christmas Eve」(’98) /Celine Dion

「Christmas Eve」はCeline Dionの英語によるスタジオアルバムとしては6枚目の『These Are Special Times』に収録されています。このアルバムは人気のクリスマス・ソング「Ave Maria」やJohn LennonとYoko Onoの「Happy Xmas (War Is Over)」などと自身のオリジナル曲を合わせた英語版クリスマス・アルバムの第一作でもあり、世界累計2000万枚をセールスした“アメリカでもっとも売れたクリスマス・アルバム”としての記録を残した一枚であるのでアルバム全部がお薦め。特にこの曲は、大好きな彼氏と初めてクリスマスを過ごすことに心躍らせるうら若き乙女の心境を歌い上げたものなので、該当する方はこの曲を聴いてさらにハッピー度を上げて聖なるイヴを迎えましょう!

https://youtu.be/SIr727GvpKI「Merry Christmas, Darling」(’70)/The Carpenters

The Carpentersの初のクリスマス・シングルである「Merry Christmas, Darling」は、1970年にリリースされた彼らのメジャー第4弾シングル。当時、USビルボードのクリスマス・ソングランキングでは1位を記録し、イギリスなどでも広く聴かれ、78年には再レコーディングをして再びリリースし、爆発的ヒットとなった作品です。たったひとつだけ、あなたと一緒にいられたらと願う歌詞の内容は、クリスマスにも会えず、新年をともに迎えることのできない大好きな恋人を思う切ない感情を綴ったもの。もし何らかの事情で、今年は恋人と一緒にクリスマスを過ごすことができないという人は、この歌にご自身の想いをのせて愛しい人に贈るのもひとつの愛のかたちかもしれません。
「Christmas Through Your Eyes」 (’93)/Gloria Estefan

イントロが印象的なこの曲はGloria Estefanのスタジオアルバム4枚目『Christmas Through Your Eyes』に収録されています。先ほどのCeline Dion同様、このアルバムもまた、クリスマス・アルバムという位置付けがなされており、「White Christmas」や「Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!」「Silent Night」などのスタンダードなクリスマス・ソングがカバーされており、華やかなイメージを持つ作品です。アルバムのタイトル・チューンでもあるこの楽曲はDianeみたいとWarrenによって書き下ろされ、アルバムの核として据えられています。破れてしまった過去の恋愛相手の目を通して再びクリスマスをみたいと願う、急遽おひとり様クリスマスになってしまった人にぴったりの…物悲しい失恋ソングです。
「All I want For Christmas Is You」(’94)/Mariah Carey

クリスマス・ソングの女王と言えば、やはりMariah Careyの「All I want For Christmas Is You」でしょう。リリースされてから20年以上経過してもまったく色褪せないクリスマスの鉄板ソングは、ストレートな女心“私がクリスマスに欲しいのはあなただけ”を意中の彼に直球で伝えたい貴女には打って付けの選曲になること間違いなしです。オリジナルバージョンだけではなく、Justin Bieberとコラボした6年前の作品もお薦め。MVのMariahばりにサンタのコスプレをして、雪の中を色っぽく、かつ大胆にはしゃぐもよし、それでいて可愛くゴージャスな貴女をアピールするもよし! 大切な人との大切な時間に、音楽を添えて目いっぱいに演出してみてくださいね。

https://youtu.be/yXQViqx6GMYTEXT:早乙女‘dorami’ゆうこ
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。