ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

動画:テディベア夫婦の出会いから現在までの50年間を描いたヒースロー空港のクリスマスCMが「泣ける」と話題

都市と都市を結び、人と人が出会う場となる空港を舞台にしたクリスマスCMが「ほっこりした」「ウルっとくる」と絶賛されています。かつてバブル期の終わりにJR東海が山下達郎の『クリスマス・イブ』に乗せて展開した『シンデレラ・エクスプレス』を彷彿とさせる切なさの味わえるこのCM、独り身のあなたは閲覧注意ですぞ?

【動画】Heathrow Bears Christmas TV Advert – #HeathrowBears(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=Cheo1P22cUU [リンク]

ロンドンの玄関口・ヒースロー空港が公開した2分間の長尺CM。物語はテディベアのエドワードとドリス夫妻が50年前に空港で出会うところから始まります。懐かしみのあるT字尾翼のこの機体は、今はなきビッカース社のVC-10。空港施設や服装のデザインの変遷にも注目。

すっかり寝込んでしまっていたエドワードに上着を持ってきてくれた客室乗務員のドリス。帽子も忘れちゃいけないよ、英国紳士としてはね。

空港の売店で求めたのは、しっとりクッキーの『ウォーカー ショートブレッド』。今でも英国土産の定番。ひとことお礼がしたくて、仕事を終えたドリスにプレゼント。恋の始まりの予感。

また別の日に仕事で空港を利用したエドワード。客室乗務員の中にドリスを探すも見つけられずに落胆していたら……。動画中の39秒のところで、通路を挟んだ反対側の席に座る御婦人はペトゥラ・クラークさんとのこと。BGMに使われている『I Couldn’t Live Without Your Love』を歌う国民的歌手が特別出演。

その後、10年刻みでクリスマスを迎えるごとに、生まれた子供が成長して結婚し、さらに孫が生まれ……そして現在、おじいちゃんになったエドワードをドリスと子供・孫たちが出迎える。テディベアが演じていたのは実はヒトの家族だった、という終わりの演出がシャレてるな~。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。