ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安田レイ、ワンマンライブで200人のファンを魅了

安田レイが12月15日(金)に東京・半蔵門にあるTOKYO FMホールにてワンマンライブを実施し、大成功に終えた。
12月15日(金)@東京・TOKYO FMホール (okmusic UP's)

今回実施されたワンマンライブ『JA全農COUNTDOWN JAPAN presents Rei of Light vol.2』は、自身がパーソナリティを務めるレギュラーラジオ『JA全農COUNTDOWN JAPAN』(TOKYO FM / JFN38局ネット)のスピンオフイベントとした行なわれた200名限定ライブ。「Silent night」のアカペラでスタートすると、鳥肌が立つほどの圧巻のパフォーマンスで、彼女の売りでもある“歌声・歌唱力”に会場に集まったファンは早くもその魅力に酔いしれていた。そんな彼女の“歌声・歌唱力”に、終始酔いしれる事となった今回のライブは、アコースティックスタイルのバンド編成で実施された。

アカペラ披露の「Silent night」の次に披露されたのは、自身の配信シングルヒット曲「Let it snow」。その他にもドラマ主題歌にもなり大ヒットシングルとなった「あしたいろ」もアコースティックスタイルで披露され、集まったファンは涙する場面も。その他にも、クリスマス間近とあって「This Christmas」(Donny Hathaway)/「クリスマス・イブ」(山下達郎)などのクリスマスの名曲をカバーとして披露。クリスマスの名曲をしっとりと歌い上げた圧巻の歌唱パフォーマンスを見せ、会場はクリスマスムードにうっとりと聞き惚れていた。

安田レイ自身も「2017年も本当にありがとうございました。2018年でデビュー5周年になります。これからも常に新しい安田レイをお送りできるよう頑張ります。来年もどうぞよろしくお願い致します」と語り、ファン達と2017年の軌跡を噛みしめた。そして、サプライズとして感謝の意を込めて、安田レイ史上初となる安田がピアノ弾き語りで「Lovin’ You」(Minnie Riperton)を披露。これにはファンも驚いた様子を見せつつも、しっかり聞き惚れる内容で、大きな拍手が起こっていた。

終始圧倒的な歌唱力でファンを魅了し、クリスマスワンマンライブを大成功に終えた安田レイ。2018年2月にも大阪・横浜でライブの実施が決まっているともあり、2018年の活動にも期待が高まる。
バレンタインスペシャルライブ『Be My Valentine』
2月09日(金) Billboard Live Osaka

・1st「Sweet chocolate」17:30 OPEN / 18:30 START

・2nd「Red Rose」20:30 OPEN / 21:30 START

2月12日(月・祝) Motion Blue YOKOHAMA

・1st「Sweet chocolate」15:15 OPEN / 16:30 START

・2nd「Red Rose」18:15 OPEN / 19:30 START
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。