体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ONIBUS COFFEE」が愛される理由を探ってきた。

「ONIBUS COFFEE」が愛される理由を探ってきた。

お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。

今回、私がインタビューを熱望したのは「ONIBUS COFFEE」のオーナー、坂尾篤史さん。初めてお会いしたのは、2017年の春。仕事でブラジルのコーヒー農園を見てきて帰国したばかりの頃でした。ちょうどそのタイミングだったので、名前の由来を知ったときは、コーヒーとそれに関わる人々への深い想いを感じたのを覚えています。「ONIBUS COFFEE」が愛される理由を探ってきた。

大工で培った
職人スピリッツ

─── まず、ちょっとビックリしたんですが、このクッキー、数日前テレビで紹介されているのを見ました! 実はあとで買いに行こうと思っていたんですが、まさかここで出会えるとは…。

「このクッキーを作っているの、僕の友だちなんです。『SAC about cookies』っていうお店なんですけど。訪日韓国人の間で、このクッキーをうちのコーヒーカップに乗せてインスタグラムを撮るのが流行っている、ってワールドビジネスサテライトで紹介されたんですよね」「ONIBUS COFFEE」が愛される理由を探ってきた。

─── 今日も来ているお客さんのほとんどが外国人ですが、どうして「ONIBUS」はこんなに外国人の間で人気になったんですか?

「韓国・中国は、有名なインスタグラマーやインフルエンサーの人たちが紹介してくれたことがきっかけですね。アメリカ人はニューヨークタイムズで、ヨーロッパ圏の人たちはMONOCLE(モノクル)で取り上げてもらってからです。オーストラリア人はけっこうクチコミだったりしますね」

─── ニューヨークタイムズですか! すごいですね。でもクチコミで広がるのって嬉しいですよね。本当においしいからこそ、ですもんね。こんなに世界中から人がやってくるお店になるまで、いろんな苦労もあったかと思うんですが、坂尾さんは最初からコーヒーショップをやりたいと思っていたんですか?

「僕はもともと大工だったんです。父が職人だったんですよね。なので、将来は建築の学校に行って跡を継ぐのかなって思っていました。専門学校を卒業してゼネコンで働いたあと、実家へ戻って父のもとで大工として働いていました。でも東京から実家の千葉に戻ったので、だんだんつまらなく感じてしまって…。とは言っても跡を継ぐために戻ってきているので辞めるとは言いづらく、『バックパックに行って来る』という口実で家を出ました。そこでコーヒーに出会ったんです」「ONIBUS COFFEE」が愛される理由を探ってきた。

バックパックで
コーヒーの概念が変わった。

─── 職人さんだったんですね。コーヒーを作る・淹れるというのも職人技ですからね。坂尾さんには、実はずっと前から職人気質の基礎と原点があったのかもしれないですね。ちなみに、そのときはコーヒー飲んでました?

「建築業って、10時と15時に缶コーヒーを飲むカルチャーがあるんですよ。だから当時は缶コーヒーくらいしか知らなかったですね。それで不思議なことに、みんなこだわりがあるんですよ。◯◯さんはこのメーカーのこの種類じゃなきゃダメ、とか(笑)。それぞれお気に入りがあって、同じものをずっと飲んでましたね。僕もダイドーのちっちゃいやつを飲んでいました」「ONIBUS COFFEE」が愛される理由を探ってきた。

─── こんなにセンス溢れるコーヒーショップを立ち上げた人が缶コーヒー派だったとは…なんだか少し親近感が湧いちゃいますね。そんな職人さんが、なぜコーヒーに目覚めたんですか?

「バックパック中に、オーストラリアで本当においしいコーヒーを飲んでからですね。その頃スターバックスが東京に進出してきたばかりでしたが、デートスポットのような感じで流行っていたんです。でもオーストラリアのカフェって、毎朝行って、コーヒーを買って、ちょっと話をして、それから会社へ行く、っていう毎日の生活の起点という感じでした。人が集まって何か新しいことを始めるきっかけになる起点・場所っていいなと思って、日本に帰ったらそんなカフェを作ろう、って思ったんです」

─── それで日本に帰ってきて、まずは修行として「Paul Bassett」に入ったわけですね。もしもそのとき、流行っていたスターバックスとかを選んでいたら、今頃どうなっていたでしょうね。あと、最初からロースターも一緒になったカフェにしようって決めていたんですか?

「いや〜、Paul Bassettに入ってよかったです(笑)。すごくしんどかったんですけど、あそこには焙煎も入っていたので、最初から焙煎があることにしっくり馴染めました。だいたいコーヒーを淹れていると、おいしくないときも出てくるんです。すると『これは焙煎してる人のせいだ!』なんて思ったりするものです。自分の店をやるなら、一貫して自分で責任を持ちたいなと思っていて…。今だと、店で使う豆を作っている農園まで足を運ぶようにしています」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。