ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【筋肉少女帯 ライヴレポート】『New Album「Future!」発売記念「一本指立ててFuture!と叫べ!ツアー」』2017年11月16日 at EX THEATER ROPPONGI

 筋肉少女帯とはひと言で言うと“仏”のようなバンドだ。とてつもなく残酷で、そして慈悲にあふれている。最新アルバムの発売記念ツアー『一本指立ててFuture!と叫べ!ツアー』の2本目、11月16日のEX THEATER ROPPONGI公演を観て、勝手ながらそう感じずにはいられなかった。ずばり“Future!”と名付けられたタイトルが示す通り、2年振りのアルバムが訴えるのは過去を懐かしむのではなく、ひたすらに未来を目指すこと。そして、本誌インタビュー時、“50代になると、もう過去は覚えていない”と語った大槻ケンヂ(Vo)の振りかざす言葉と包容力は、その威力を格段に増していた。
※ライヴ写真は12月10日@マイナビBLITZ赤坂のもの (okmusic UP's)

 大槻が右手人差し指を一本立てて幕開けたステージの1曲目は、アルバムと同じく「オーケントレイン」。 大槻曰く“トレインもの”というファンクな本作で“苦しみの根源は執着です”と言ってのけるが、そうと分かっていても捨てられないのが人間の弱さである。未来へ向かう列車に乗せて120パーセント前向きなメッセージを放つと同時に、ド正論で逃げ道を塞いで聴く者をギクリとさせる彼の出で立ちは、お馴染みの特攻服ではなく黒スーツ。しかも、背中には“南無阿彌陀佛”の刺繍文字が輝いているのだから、得体の知れぬ有り難味が満点だ。また、どんなに逃げても箱の中と叫ぶ「人から箱男」などは、釈迦の掌から逃げられない孫悟空を彷彿させたり、とかく彼の歌には仏教的な哲学が漂う。内田雄一郎(Ba)が鳴らすピンクレディー「UFO」のイントロに乗って、アラフィフ以上にはお馴染みのフリを繰り出しながら歌う「新興宗教オレ教」も、それゆえに笑い事では済まない凄味を感じさせるのだ。

 しかし、その一方でオーケン節が爆発するMCもまた筋少ライヴの醍醐味。この日もちょうど紅白の出場歌手が発表されたということで、“筋肉少女帯が目指すのは紅白じゃない、未来だ! もう(ツアー初日の)名古屋のことは覚えちゃいねぇ!”と高らかに宣言しつつ、名古屋行きの新幹線チケットを失くした話で客席を笑わせる。その後、発見して払い戻しをしたそうだが当然全額は戻らず、“オーケンの5040円分の心の穴を埋めるためのライヴへようこそ!”と言い切られて場内爆笑。腹の底から笑うことで得られるカタルシスまで、もしや計算しているのだとしたらアッパレである。

 そんな“オーケンワールド”の魅力を倍増させているのが、それぞれに超絶テクニックを持つ楽器隊が紡ぎ出す盤石のHR/HMサウンドであることは言うまでもない。大槻を挟んで本城聡章(Gu)、内田、橘高文彦(Gu)と並んだ弦楽器隊は淡々と、しかし実に精度の高い演奏でオーディエンスの身体を揺らし、そのボトムでは長谷川浩二(サポートDs)が堅固で逞しい屋台骨となって全力サポート。加えて、2曲目の「ディオネアフューチャー」で“無意識! 電波!”とパワーコーラスを入れながら登場した三柴理(サポートKey)は、そのマッシヴなルックスからは想像もつかないほど繊細、そして緩急豊かな“気はやさしくて力持ち”的ピアノ演奏で花も実も添える。中盤になるとギター隊もステージを右へ左へと軽やかに躍り、名曲「これでいいのだ」ではギターソロをつないで愛器を振り回す橘高に応え、フロアーは振り回されるタオルの海に。中でも展開目まぐるしいプログレッシヴ曲「エニグマ」でのダイナミックなパフォーマンスは圧巻で、グラサンをかけた大槻の“エブリバディのろうぜ!”の号令に満場の拳があがり、演奏が終われば拍手喝采。“なんだかよく分からない曲で、こんなに盛り上がってくれて嬉しいよ!”と大槻は喜色を浮かべたが、“なんだかよく分からないけどすごい”のは筋肉少女帯の十八番である。メタルに根差した緻密かつ重厚な演奏、抱腹絶倒のトーク、そこに挟み込まれた人の世の真理——共存しないはずのものが共存する唯一無二のエンターテイメント、言うなれば“ギャップ萌えの権化”。これぞ筋肉少女帯なのである。

 インタビュー時の大槻曰く“80年代ジャパニーズニューウェイブ”な「告白」からは、それら筋少のエキセントリックな個性が露わに。ミラーボールが回ってインスト曲の「奇術師」をブルージーに披露すれば、ここはディナーショーか!?と思うような拍手が湧き、アコースティックギターでリードするバラード「サイコキラーズ・ラブ」では手拍子が起きて、温かな音色の中に見えるはずのない花園が浮かぶ。が、実は「告白」も「サイコキラーズ・ラブ」も人並みの感情を持たずに生まれた人間の歌。それを悲しいと感知することすらできない哀しみと、それでも未来を見たいという想いが、切なくも晴れやかなサウンドとシンクロして、言葉では説明できない“なんだかよく分からない”感動を呼ぶ。

 その高ぶりのままに「イワンのばか」、「釈迦」等のライヴ鉄板曲を畳みかければ、2階席の床も揺れまくり。「T2(タチムカウver.2)」では全員一列になってパワーコーラスを繰り出して、クライマックスのツーバスとクラップがゴスペルのような厳かさを醸し出す。さらに“人間がそんなに好きじゃないだろ!? だから筋少ファンやってるんだろ!?”とオーディエンスの図星を突いたアンコールで「人間嫌いの歌」を楽しげに贈り、アルバムでも随一のドラマ性を持つ「3歳の花嫁」では弦楽器隊のソロ回しも。最後は“24600円くらい胸いっぱいになったぜ! オーディエンス! 筋肉少女帯と来世でもまた会おう!”と、待ちかねた「サンフランシスコ」で別れを告げる。最後は特攻服を羽織り、一本指を立てて“Future!”と叫んだ大槻。そこにはどんな欠落を抱えた人間でも未来を、それがたとえ来世だとしても夢見ていいのだという“愛”が、間違いなくあふれていた。

 ツアーはその後、大阪を回り、12月10日にマイナビBLITZ赤坂で終幕。12月23日には恵比寿LIQUIDROOMで2017年最後のライヴを、1月20日には新宿BLAZEでファンクラブ限定公演を行なうという。活動再開から丸11年を経て、2018年には遂にデビュー30周年を迎える彼ら。その先に待ち受ける“Future!”に自分自身の未来を重ね合わせることができれば、これほど幸せなことはないだろう。
撮影:金丸雅代/取材:清水素子
セットリスト
1.オーケントレイン
2.ディオネア・フューチャー
3.人から箱男(筋少×カラオケDAMコラボ曲)
4.ハニートラップの恋
5.新興宗教オレ教
6.これでいいのだ
7.わけあり物件
8.エニグマ
9.告白
10.奇術師
11.サイコキラーズ・ラブ
12.イワンのバカ
13.釈迦
14.T2(タチムカウver.2)
<ENCORE>
1.人間嫌いの歌
2.3歳の花嫁
3.サンフランシスコ
筋肉少女帯
キンニクショウジョタイ:1982年に中学の同級生だった大槻ケンヂと内田雄一郎を中心に結成。インディーズでの活動を経て、88年にメジャーデビュー。不条理で幻想的な詩世界と、卓越した演奏力が高次に融合する独自の世界は、日本ロック史上に際立った異彩を放ち、その名を残すことになる。98年に活動凍結。各ソロ活動を経て、06年に大槻・内田・橘高・本城の4人で活動を再開し、『FUJI ROCK FESTIVAL』『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』といった大型イベントへの出演他、精力的なライヴ活動を展開。16年には『再結成10周年 パーフェクトベスト+2』を発売した。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。