体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位!・・「有給は欲しいけど、罪悪感」

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位・・・「有給は欲しいけど、罪悪感」
総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンでは、毎年恒例の有給休暇の国際比較調査を実施。世界30か国18歳以上の有職者男女計15,081名を対象とした2017年の結果を発表しました。その結果、日本は・・・?

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位!

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位・・・「有給は欲しいけど、罪悪感」
日本の有給消化率は、なんと世界最下位!これは2年連続とのこと。最近の日本では「働き方改革」や「休み方改革」が推進されているものの、残念な結果に。

また、日本の次に有休消化率が低い韓国は、昨年の53%から今年は67%まで回復しており、日本の有休消化率より17%も上回る結果に。そのため昨年よりも差が開いてしまいました。

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位・・・「有給は欲しいけど、罪悪感」
日本の有給消化率は、2014年以降には最下位を脱していましたが、昨年に再び最下位に。そして今年も回復を見せず、2年連続で最下位となってしまいました。

なぜ、日本人は有給取得がしにくいのでしょうか? その理由は?

世界で一番、有給休暇取得に「罪悪感がある」日本人

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位・・・「有給は欲しいけど、罪悪感」
有給休暇を取得することに対し、「罪悪感がある」と考える日本人の割合は、なんと6割以上。世界で最も多い結果となりました。有給休暇の取得に罪悪感を持っていることが有休消化率の低さに繋がっていると考えられます。

職場の空気を読みすぎる日本人

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位・・・「有給は欲しいけど、罪悪感」
日本人が休みを取らない理由の1位は「緊急時のために取っておく」という結果に。日本人は病気をした場合に有給休暇から取得することが多く、海外のように病気休暇が導入されていない企業がほとんどですね。そのため、有給休暇を使わずに取っておく人が多いようです。ご自身にも経験がある人は多いのではないでしょうか?

次いで、2位に「人手不足」、3位に「職場の同僚が休んでいない」がランクイン。

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位・・・「有給は欲しいけど、罪悪感」
また自身の上司が有給休暇を取ることに協力的かを聞いたところ、「分からない」と回答した人が3割以上。こちらも世界で一番多い結果に。

職場の空気を読んで休みを取らない上に、有給休暇についてのコミュニケーションを上司としていないことが、日本人の低い有休消化率の一因となっている様子。

休みの日も仕事が気になりすぎる日本人

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位・・・「有給は欲しいけど、罪悪感」
また、2割以上の日本人が、休暇の日でも「一日中」仕事のメールをチェックしてしまうと回答しました。この結果も世界各国の割合と比較しても一番高く、日本人は休み下手で、休みの日も仕事のことが頭から離れていない様子が伺えます。休日なのに仕事のことばかり考えちゃうとか、日本人あるあるなのでは・・・?

そんな休日も仕事のことを考えちゃう日本人は、長期休暇を取るのも難しいようです。

 日本では長期休暇は取りにくい?

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位・・・「有給は欲しいけど、罪悪感」
休暇の取り方については、「短い休暇を複数回」取ると回答した人が約6割と、これも世界で最も多い結果に。有給休暇の取得に罪悪感がある日本人にとって、長い休暇を取ることはハードルが高く、短い休暇に振り分けているのかもしれません。

また、緊急時(病気になった時など)に有給を取るという人が多いにもつながりそうですね。

転職活動では、「今より多くの休暇を取得できる」ことを最重要視

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位・・・「有給は欲しいけど、罪悪感」
転職活動に際し最も重要視するポイントについては、第1位は「より多くの有休が取得可能」という結果に。有休消化率が世界で最も低い日本人ですが、心の中でやはり、もっと有給休暇を取得したいと考えているようですね。

全ての結果を見てみると、有給を簡単に取得できない日本人の葛藤を感じさせますね。本当は有給休暇が取りたいのに、取りづらい会社の雰囲気、上司とのコミュニケーション不足、長期休暇が取りにくい風土・・・など、働き方改革というよりも、日本の会社における意識改革が必要なのかな?と個人的には感じました。今後、有給が取りやすい社会になって、最下位から脱せられるといいですね。

調査結果の詳細は、エクスペディアのサイトにもありますので、ご確認ください。

アンケート概要
■サンプル数: 計15,081名/30ヶ国
■調査対象: 日本、アメリカ、カナダ、メキシコ、オーストリア、デンマーク、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、イギリス、ブラジル、アルゼンチン、オーストラリア、香港、台湾、インド、マレーシア、シンガポール、韓国、タイ、アラブ首長国連邦、ニュージーランド、フィンランド、ベルギー、スイス
■調査期間: 2017年9月4日~15日
■調査方法: インターネットリサーチ
■調査会社:Northstar
※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます。
■調査結果:https://welove.expedia.co.jp/infographics/holiday-deprivation2017/

エクスペディア
■Twitter: http://twitter.com/Expedia_Japan
■Facebook: http://www.facebook.com/ExpediaJapan
■LINE: @expediajapan

日本の有休消化率、2年連続 世界最下位・・・「有給は欲しいけど、罪悪感」
[PR TIMES]
[Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。