体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

G-DRAGON、BIGBANG公演&スペシャル公演を同時開催

BIGBANG が12月13日に海外アーティスト史上初となった5年連続日本ドームツアー『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』の東京ドーム公演3daysを無事終了させた。
BIGBANG ライブ写真 (okmusic UP's)

また、本ツアーと同時開催された『BIGBANG SPECIAL EVENT』の初日公演を東京ドームで迎えた。同イベントは現在入隊前のG-DRAGON・SOL・D-LITE・V.Iの4名が、これまでの日本活動を支えてくれたファンに対し、その感謝の気持ちとしばしの別れへの名残をともに分かち合うためのイベントとして開催したもので、12月13日(水)の東京ドーム公演と12月23日(土)京セラドーム大阪公演の計2か所2公演だけの貴重なイベントとなっている。

司会には古家正亨氏を迎え、G-DRAGON・SOL・D-LITE・V.Iのメンバー4人の爆笑トークセッションや、BIGBANGデビュー当時の映像をクイズ形式で振り返るコーナー、そしてイントロドンなどのゲームコーナーまで彼らの素顔が垣間みられるものから、ライブパフォーマンスまで約1時間半を超えるイベント内容となっている。特筆すべきは上述したゲームコーナーでは高さ4メートル、幅13×3..6メートルのムービングステージがアリーナ中央まで移動し、催されるなど、より多くのファンとふれあう機会を設けたいというメンバー達の意向がダイレクトに反映されている。

本編最後のライブパフォーマンスでは、日本初披露となる「GIRLFRIEND」を歌唱。同楽曲はG-DRAGONが作曲、G-DRAGONとSOLが作詞に参加したBIGBANGならではのメロウなヒップホップ楽曲で、「彼女を見ているだけでいい。君という夢から僕は覚めたくない。」という今のメンバーの想いが表現され、ファンの心を鷲掴みにしていた。さらに本編途中では12/12で27歳を迎えたV.Iのバースデーをサプライズで祝うなど、終始メンバーとファンが近い距離で一体感に満ちたイベントとなっていた。

いよいよドームツアー『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』も12月21日(木)からの4日間、最終の地、京セラドーム大阪公演を残すのみとなっているが、この同時開催されているスペシャルイベント『BIGBANG SPECIAL EVENT』も残すところ12月23日(土)京セラドーム大阪1公演のみとなる貴重な公演なので、併せて是非チェックしてもらいたい。

そして、13日(水)には、BIGBANGのリーダー・G-DRAGONの新作ミニアルバム『KWON JI YONG』が発売となり、ライセンスアルバムながらオリコンデイリーCDアルバムランキング(12月12日付)初登場2位を獲得した。約4年ぶりのソロ作品となる本作は、6月に本国リリースされるやいなや日本はもちろんアメリカをはじめとする全世界40ヶ国のiTunesで1位を獲得したモンスターアルバム。DVD付には、YouTube再生回数5000万回を突破した珠玉のバラード「Untitled, 2014 -KR Ver.-」、「BULLSHIT -KR Ver.-」のミュージックビデオに加え、ソロワールドツアーの幕開けとなった6月10日(土)ソウル・サンアムワールドカップスタジアムでの『2017 G-DRAGON CONCERT ACT III, M.O.T.T.E IN SEOUL』ライブ映像・アンコール含む全23曲約2時間を収録。さらに、日本だけのスペシャルな初回盤応募特典として『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』12月24日(日)京セラドーム大阪ツアーファイナル公演のムービングステージ下・エキサイティングシート招待権 (20組40名)の応募シリアルアクセスコードが封入されている。

 

なお、BIGBANGはこのG-DRAGONのソロ作品の他、1月17日(水)にはBIGBANGのスペシャルイベント『BIGBANG SPECIAL EVENT 2017』から京セラドーム大阪ファイナル公演の模様を収録したDVD & Blu-rayを、12月20日(水)にはD-LITEのソロミニアルバム『でぃらいと 2』を、1月10日(水)にSOLのソロアルバム『WHITE NIGHT』、1月31日(水)にはSOLライブDVD&Blu-ray『TAEYANG 2017 WORLD TOUR IN JAPAN』を発売するという怒涛のリリースラッシュを控えている。
【ライブ情報】

『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』

12月21日(木)  大阪・京セラドーム大阪

12月22日(金)  大阪・京セラドーム大阪

12月23日(土)  大阪・京セラドーム大阪

12月24日(日)  大阪・京セラドーム大阪 ※VIP JAPAN限定公演

<チケット>

指定席¥12,000(税抜) ※来場者プレゼント付き(当日お渡しのみ)

3歳以上よりチケット必要、3歳未満は入場不可

(出演予定はG-DRAGON、SOL、D-LITE、V.Iの4名となります)

『BIGBANG SPECIAL EVENT』

12月23日(土) 大阪・ 京セラドーム大阪 

開場10:30/開演12:00

<チケット料金>

指定席¥10,000(税抜)

※3歳以上よりチケット必要 3歳未満は入場不可

(出演予定はG-DRAGON、SOL、D-LITE、V.Iの4名となります)
アルバム『KWON JI YONG』/G-DRAGON (from BIGBANG)
発売中

【CD+2DVD+スマプラミュージック&ムービー】

AVCY-58560/B~C/¥8,000 (税抜)

※初回仕様:7インチサイズSPECIAL BOX / 44ページフォトブック付き

※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【CD+スマプラミュージック】

AVCY-58561/¥1,900 (税抜)

※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【PLAYBUTTON】

AVZY-58562/¥2,400(税抜)

※初回生産限定

※仕様:缶バッジ型音楽プレイヤー

※豪華特典応募シリアルアクセスコード封入無し

<収録曲>

■CD

1.INTRO. KWON JI YONG (Middle Fingers-Up) -KR Ver.-

2.Act l. BULLSHIT -KR Ver.-

3.Act ll. SUPER STAR -KR Ver.-

4.Act lll. Untitled, 2014 -KR Ver.-

5.OUTRO. Divina Commedia -KR Ver.-

■DVD DISC_1

2017 G-DRAGON CONCERT ACT III, M.O.T.T.E IN SEOUL

[ACT I : G-DRAGON]

-INTRO VIDEO-

HEARTBREAKER

BREATHE

-MC-

A BOY

-MC 2-

BUT I LOVE U

OBSESSION

[ACT II : G-DRAGON vs. KWON JI YONG]

-BRIDGE VIDEO #1-

ミチGO

ONE OF A KIND

R.O.D. feat. CL

THE LEADERS feat. CL

-BAND JAM-

THAT XX

BLACK

MISSING YOU feat. IU

YOU DO_OUTRO

WHO YOU?

I LOVE IT

-BRIDGE VIDEO #2 : INTERVIEW VIDEO-

TODAY

CRAYON

[ACT III : KWON JI YONG]

-BRIDGE VIDEO #3 : MONOLOGUE VIDEO-

INTRO. KWON JI YONG (Middle Fingers-Up)

BULLSHIT

-MC 3-

SUPER STAR

[SPECIAL ENCORE]

THIS LOVE

CROOKED

-PERFORMER INTRODUCTION-

Untitled, 2014

■DVD DISC_2

2017 G-DRAGON CONCERT ACT III, M.O.T.T.E IN SEOUL | SPECIAL FEATURES

[SPECIAL CLIPS]

SPECIAL CLIP #1

SPECIAL CLIP #2

SPECIAL CLIP #3

[SPECIAL CAM]

BREATHE_CAM #1 / CAM #2 / CAM #3

WHO YOU?_CAM #1 / CAM #2 / CAM #3

ミチGO_CAM #1 / CAM #2 / CAM #3

・MUSIC VIDEO

Untitled, 2014 -KR Ver.-

BULLSHIT -KR Ver.

 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。