体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【山形女子旅】世界一のクラゲ水族館、イタリアン、きらきらうえつを満喫

【山形女子旅】世界一のクラゲ水族館、イタリアン、きらきらうえつを満喫

年末の足音が近づき、寒さと忙しさがじわじわ増している今日このごろ。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
私はというと……

「毎日しんどい! もう疲れた!  癒やされたい!!!!」

って感じです。
というわけで、今回は山形県・鶴岡へ、癒やしを求めてひとり旅に出かけます。

旅のスタートは「きらきらうえつ」から

JR東京駅から上越新幹線・MAXときに乗り、約2時間でJR新潟駅へ。JR羽越本線へと乗り換え、JR鶴岡駅に向かう……のですが、この旅では早くもここからお楽しみがスタート。

きらきらうえつ

今回、新潟駅から乗車するのは「きらきらうえつ」。
2001年11月から羽越本線・新潟~酒田間で定期運行している“のってたのしい列車”です。鶴岡駅まで約2時間半の列車旅!

きらきらうえつ 乗車券・指定席券

“のってたのしい”と言いつつ、“自然の輝きを意識した”というカラフルな車体がかわいく、乗る前からすでに楽しい!
車体を背景にチケットを撮影すれば、写真映えする「おしゃ壁」にも◎

きらきらうえつ きらきら情報コーナー

車内には、プロジェクションマッピングで沿線地域の観光情報を知ることのできる「きらきら情報コーナー」や、展望スペースなど、見どころたくさん。
車内アナウンスでも、停車駅ごとに名所やその土地の歴史などを教えてくれ、観光気分が高まります。

きらきらうえつ ボックス席

そして、この列車に乗ったら絶対に外せないのは、ラウンジ車両にあるボックス席。
売店で飲食物を購入すれば誰でも約40分間利用可能ということで、「きらきらうえつ」車内と、新潟駅でのみ限定販売のお弁当を買って、さっそく席へ。

きらきらうえつ きらきら弁当

いくらがきらきら! 人参もかまぼこも星形できらきら! ふたを開けた瞬間に思わず笑顔がこぼれる「きらきら弁当(1,080円)」。
沿線の味覚がたっぷり16種類入った、女子の大好きな「いろんな種類をちょっとずつ」がかなうお弁当です。

きらきらうえつ 車窓の風景

お弁当に夢中になっているうちに、隣の席から「わぁ!」と歓声が。顔を上げてみると、目の前には車窓いっぱいの日本海!
すべてを包み込んでくれるようなスケールの大きい景色に、思わずぼーーーっと。
席には限りがあるので、景色をたっぷり楽しむなら、早めの席確保をおすすめします。

きらきらうえつ スタンプ

ほかにも「この列車だけ」の楽しみがいっぱい。
車掌さんはオリジナルのスタンパーを持っていて、お願いすると切符にスタンプを押してもらえます。この特別感がうれしい!

きらきらうえつ 車掌 制帽

さらに車掌さんの制帽には、車体とおそろいのカラフルなロゴ。発車アナウンスの際にもオルゴール調の「きらきら星」が流れ、まさにきらきら尽くし!
見どころがありすぎて、気がつけば、あっという間に鶴岡に。正直、もう少し乗っていたかった……!
鶴岡駅 ホーム

鶴岡駅のホーム。最後まで「きらきら」!

神秘的なクラゲたちに癒やされる

鶴岡に到着し、まず向かったのは「鶴岡市立加茂水族館」。
鶴岡駅からバスで30分ほど。日本海に面した海岸に位置するこちらは「クラゲドリーム館」とも呼ばれ、クラゲの展示種類は世界一を誇るという“クラゲ”水族館です。

鶴岡市立加茂水族館 モニュメント
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。