体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【12/16 東京開催 】イタリアの魅力を楽しむイベントに無料招待!イタリア料理も楽しめます♪

【12/16 東京開催 】イタリアの魅力を楽しむイベントに無料招待!イタリア料理も楽しめます♪

アモーレ!こんばんは、TABIPPO/旅大学・学長の恩田です。

今年もそろそろ、終わりですね。忘年会シーズンが始まって、せわしない日々が続いていると思うのですが、今週末に開催されるイベントをどうしても案内したく記事をかいております。

旅好きな人と集まって、会社とは関係のないメンバーで自由な時間を過ごすのもいいと思うんです。

 

【限定5名さま】をイベントに招待!

今回TABIPPO.netを見ている方【限定5名さま】を今週末開催されるイベントにご招待しちゃいます!

◎イタリアの知られざる話を聞ける
◎イタリア好きの方と交流できる
◎美味しいイタリアのご飯を食べてお酒を飲める

そんな最高の時間をお届けします!

 

魅力1:イタリアに40回以上渡航したゲストが登場!

ゲストにはなんとイタリアが大好きすぎて、留学も経験し、40回以上も渡航した方が登場します。なんでも、気になることを聞いてくださいね。

1988年生まれ、東京育ち。都立国際高校でのミラノ帰国子女との出会いをきっかけに趣味でイタリア語を始める。東京外国語大学イタリア語専攻在学中、半年間のナポリ留学を経験。旅心をくすぐる美しい景色、人、食の魅力にはまる。
卒業後、シニア富裕層向けの海外旅行ツアーを取り扱うワールド航空サービスに新卒入社。イタリア担当となり添乗員として毎月イタリアへ渡航、小さな村も含め全国各地を巡り、ツアー企画も担当する。2015年ミラノ万博の日本館アテンダントとして再びイタリアに半年滞在。渡航歴は約40回。現在は育児休業中、ちなみに夫は日本人です。‬

 

魅力2:旅食Journey×Journeyがアペリティーボを提供してくれる!

世界一周したオーナーが作った無国籍ダイニング「Journey×Journey」がアペリティーボを提供してくれます。アペリティーボとは、イタリアの食前酒のことで気軽にご飯をつまみながら、お酒を楽しめます。楽しい時間を過ごしましょう!

世界中を旅しながら出会った美味しい料理とお酒をぎゅっと集めた、秋葉原旅食ダイニングJourney×Journey。エスニックや西洋料理だけではなく、南米やアフリカの料理まで取り揃えた旅する多国籍、気ままな無国籍ダイニングです。

店名であるJourney×Journeyには「お店は自分の冒険と自分以外の誰かの冒険との掛け算で在りたい」という気持ちを込めています。料理やお酒だけではなく、写真・雑貨・アートなど様々な表現と冒険を掛け合わせたようなお店作りに努めています。

 

魅力3:イタリア好きで交流ができる!

おそらく、2017年最後のイタリアをテーマにしたイベントです。イタリア好きな人と集まりながら、イタリアのことについて話ましょう!イタリアにこれからいこうと思っている人ももちろんwelcomeです。気軽な雰囲気の中でお話しましょう!

 

イベント詳細

◎会場:
ニュー新橋コワーキングスペース

◎日時:
12/16(土) 13:00-18:00

◎参加費:
一般:2,000円→無料招待
学生:2,000円→無料招待

イベントの詳細はこちらをご覧ください。

 

申込はどうするの?

こちらのフォームをお書きください。おってご連絡いたしますね。

アモーレ!会場で会えることを楽しみにしてます。

 

参考記事;世界一周をしている方のイタリア旅行記

❏陽気なイタリア人の1日に密着!「今」を楽しく生きるシチリアの休日とは
http://tabippo.net/sicily-life-style/

❏イタリア南部を周遊して見つけた、女子必見のフォトジェニックスポット
http://tabippo.net/italy-photogenic/

関連記事リンク(外部サイト)

【6/26】セントレア旅プロジェクト「TABI PARTY」にTABIPPOがゲスト出演!【参加無料】
若者の中で大人気!お酒とおしゃべりを楽しむ習慣・イタリアの「アペリティーヴォ」とは?
透明度が高すぎるランペドゥーザ島の美しさ
【イベントレポート】旅人クリエイター勉強会を開催しました!

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。